「お手伝いしましょうか?」 うれしかった、そのひとこと

オテツダイシマショウカウレシカッタソノヒトコト
文:高橋 うらら イラスト:深蔵
  • 電子あり
「お手伝いしましょうか?」 うれしかった、そのひとこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

街で出会う、障害のある人やお年寄り、赤ちゃんを連れた人を手伝ってあげたいと思うことがあります。でも、どうしたらいいかわからず躊躇してしまうことが多いものです。声掛けやお手伝いの方法を知っていたら自信をもってできるのでは? 方法を学びながら、当事者の事情や気持ちにも寄り添い考える内容で、小学生向けですが、大人もいっしょに読んでほしい本です。【もくじ】第1章 目の不自由な人を手伝う 第2章 車いすの人を手伝う 第3章 赤ちゃんを連れた人を手伝う 第4章 耳の不自由な人を手伝う 第5章 外国人旅行者を手伝う 第6章 お年寄りを手伝う 第7章 ヘルプマークをつけた人を手伝う 第8章 補助犬ユーザーを手伝う

製品情報

製品名 「お手伝いしましょうか?」 うれしかった、そのひとこと
著者名 文:高橋 うらら イラスト:深蔵
発売日 2019年07月26日
価格 定価 : 本体1,450円(税別)
ISBN 978-4-06-515404-5
判型 A5変型
ページ数 144ページ

著者紹介

文:高橋 うらら(タカハシ ウララ)

東京都出身。慶應大学経済学部卒業。1993年の毎日児童小説優秀賞受賞、1999年の宝塚ファミリーランド童話コンクール特賞日本アンデルセン協会賞受賞を経て2001年『いい天気』でデビュー。東京大空襲やカンボジアの地雷被害、動物福祉など、命をテーマにした作品を多く執筆。近著に、『可能性は無限大ー視覚障がい者マラソン 道下美里)(新日本出版社)『シャンシャンと上野動物園パンダ物語』(土居利光監修 フレーベル館)『やさしく読めるビジュアル伝記5巻 ナイチンゲール』(学研)『聴導犬こんちゃんがくれた勇気 難病のパートナーを支えて』(岩崎書店)『ぼくの毎日をかえた合氣道』(藤平信一監修 岩崎書店)など。
日本児童文芸家協会理事。

イラスト:深蔵(フカゾウ)

愛知県出身、埼玉県在住のイラストレーター。広告漫画や学習まんがを始め、児童書や実用書イラストなど幅広い媒体で活躍中。コミックエッセイやルポ漫画も執筆し、著書に『ラーメンおいしくできるかな?』『マンガ 株で調子に乗って失敗しました。』などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る