ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆

ストーリーデワカルハジメテノショウギナビ
監・構成:中倉 彰子 作:有沢 ゆう希 絵:市井 あさ
  • 電子あり
ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 みなさんは、将棋について、どのようなイメージを持っていますか?
「なんだか難しそうで、とっつきにくそう」
 そんな声が聞こえてきそうですね。
 
 将棋は、ふたりで遊ぶボードゲームです。
 将棋盤の上で、駒をたたかわせ、先に相手の王様をつかまえたほうが勝ちです。
「考える力」を育むことができるといわれています。
 ルールがわかると、とってもおもしろいゲームなのですが、難しいイメージがあるためか、ふれることがないまま、「食わずぎらい」になってしまう子が多いようです。
 とくに女の子は、男の子に比べて、始めるきっかけが、つかみにくいかもしれません。

 そこで小学生の女の子に向けて、将棋の魅力を伝えたいと思い、この本を作りました。
 ごくごくふつうの女の子が、プロ棋士を目指す転校生との出会いによって、将棋に夢中になっていくストーリー編と、将棋のルールをわかりやすくお伝えするレッスン編に分かれており、どちらからでも、また、どちらかだけでも、楽しむことができます。
 
 将棋のルールがまったくわからない子でも、ストーリー編の主人公・永友陽菜といっしょに成長でき、この本を読みおえるころには、対局ができるようになっているはずです。
 老若男女だれでも楽しめる将棋のおもしろさを、ぜひ知ってみてください。

製品情報

製品名 ストーリーでわかる! はじめての将棋ナビ☆
著者名 監・構成:中倉 彰子 作:有沢 ゆう希 絵:市井 あさ
発売日 2019年05月30日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-515257-7
判型 四六
ページ数 224ページ

著者紹介

監・構成:中倉 彰子(ナカクラ アキコ)

監修・構成/中倉彰子
女流棋士。6歳のときに、父から将棋を教わる。1991、1992 年女流アマ将棋名人戦で連続優勝後、1994年にプロデビュー。NHK杯将棋トーナメントなどテレビ番組の司会などでも活躍。2015年に現役を引退、同年、株式会社いつつを設立。子育て世代へ向けた講演や子どもへの将棋普及活動を行う。著書に『しょうぎのくにのだいぼうけん』(絵・福山知沙、講談社)などがある。

作:有沢 ゆう希(アリサワ ユウキ)

作/有沢ゆう希
作家。静岡県生まれ。早稲田大学文学部卒業。2018年、「カタコイ」で第1回青い鳥文庫小説賞金賞を受賞。著書に『カタコイ1 好きな人の、好きな人』『すみっコぐらしのことわざ108』(監修・サンエックス株式会社、以上講談社)などがある。また、翻訳を手がけた作品に『まるごとディズニーブックス リメンバー・ミー』(KADOKAWA)がある。

オンライン書店で見る