八丁堀の忍(二) 大川端の死闘

講談社文庫
ハッチョウボリノシノビ2オオカワバタノシトウ
  • 電子あり
八丁堀の忍(二) 大川端の死闘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わらべの頃から伊賀の山中で人体兵器として養成される、おそるべき裏伊賀の集団。十五の若者・鬼市は、決死の思いで抜け忍となり、隠密廻り同心・城田新兵衛に出会った。生まれてはじめて人の優しさに触れ、江戸の闇を守ろうとする鬼市に、裏伊賀の秘密を守るため放たれた強力な追っ手が襲いかかる! 鬼市は大切な人たちを守れるのか。大川端での死闘が始まる。活劇と人情の忍び物語、快調新シリーズ、第2弾!

©Kiichiro Kurasaka

製品情報

製品名 八丁堀の忍(二) 大川端の死闘
著者名 著:倉阪 鬼一郎
発売日 2019年03月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-515123-5
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:倉阪 鬼一郎(クラサカ キイチロウ)

1960年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。早稲田大学第一文学部卒。'87年『地底の鰐、天上の蛇』(幻想文学会出版局)でデビュー、'97年『百鬼譚の夜』(出版芸術社)で本格デビューし、幻想小説、ミステリー、ホラーなど多岐にわたる分野の作品を次々に発表する。近年は時代小説に力を入れ、人情ゆたかな世界を描き続けている。「小料理のどか屋 人情帖」「南蛮おたね夢料理」「大江戸隠密おもかげ堂」「包丁人八州廻り」「大江戸秘脚便」など各シリーズがある。

オンライン書店で見る