貌のない貌 梓凪子の捜査報告書

文芸(単行本)
カオノナイカオアズサナギコノソウサホウコクショ
  • 電子あり
貌のない貌 梓凪子の捜査報告書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

刑事課強行・盗犯係所属の新人刑事・梓凪子は困惑していた。持ち込まれた案件は畑違いの人探し。依頼主は中国人・宋鈴玉、鈴玉の同行者はなぜか中国領事館職員・王天佑だった。国際政治と人情入り交じる不可解な人探しを続けるうちに、天佑への疑いを深める凪子は、背景を探るために尾行を試みるが――。同時に発生した連続殺人事件にも関与した凪子は、刑事課と警備課の縄張り争いにも巻き込まれることになる。


中国政府の影潜む人探しとシェアハウス殺人を――
追え、どこまででも。
ーーー
元警察官にして日本初の女性白バイ隊員の著者に
島田荘司氏唸る!
「凪子の大格闘と涙を見よ。
こんな筆の女流は今いない」

ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞後第一作

☆☆☆☆

刑事課強行・盗犯係所属の新人刑事・梓凪子は困惑していた。

持ち込まれた案件は畑違いの人探し。依頼主は中国人・宋鈴玉、鈴玉の同行者はなぜか中国領事館職員・王天佑だった。
国際政治と人情入り交じる不可解な人探しを続けるうちに、天佑への疑いを深める凪子は、背景を探るために尾行を試みるが――。
同時に発生した連続殺人事件にも関与した凪子は、刑事課と警備課の縄張り争いにも巻き込まれることになる。

国交問題、民泊、シェアハウス――
暗部を覗き込んだ先に見えてくる真実に、貌はなかった。

製品情報

製品名 貌のない貌 梓凪子の捜査報告書
著者名 著:松嶋 智左
発売日 2019年03月20日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-515095-5
判型 四六
ページ数 274ページ

著者紹介

著:松嶋 智左(マツシマ チサ)

一九六一年生まれ。大阪府在住。元警察官。日本初の女性白バイ隊員でもある。
退職後小説の執筆を開始し、二〇〇五年に北日本文学賞。二〇〇六年に織田作之助賞を受賞。
二〇一七年「魔手」で第一〇回島田荘司選ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。加筆・改題した『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』でデビュー。

オンライン書店で見る