リトル プリンセス 小公女セーラ

青い鳥文庫
リトルプリンセスショウコウジョセーラ
  • 電子あり
  • イベント
リトル プリンセス 小公女セーラ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「黒魔女さんが通る!!」シリーズの石崎洋司先生の読みやすい日本語と、青い鳥文庫『リトルプリンセス(新装版)』(2007年初版)で人気だった、藤田香先生の絵25点をすべて収録した決定版です。

女の子はだれだってプリンセスになれる!
大金持ちでも、無一文でも、夢見る力があれば、王女さま(プリンセス)のようにふるまえる。

インドで育ったセーラは、寄宿先のロンドンで、大好きな父親が亡くなったことを知る。
無一文になっても「プリンセスのように」やさしく、楽しい想像力でいっぱいのセーラ。
それでも、とうとうくじけそうになったある日、いつも夢見ていた魔法がやってきて……。
ダイヤモンド鉱山はほんとうにあったの? 魔法使いはほんとうにいたの? 

<世界の名作 すべての漢字にふりがなつき 小学中級から>





読む人に勇気をあたえる永遠の名作をすべてのエピソードが読める新訳でおとどけします。「黒魔女さんが通る!!」シリーズの石崎洋司先生の読みやすい日本語と、青い鳥文庫『リトル プリンセス(新装版)』(2007年初版)で人気だった、藤田香先生の絵25点をすべて収録した決定版! 夢見る力があれば、女の子はだれだってプリンセスになれる! 

製品情報

製品名 リトル プリンセス 小公女セーラ
著者名 原作:フランセス.ホジソン・バ-ネット 訳:石崎 洋司 その他:藤田 香
発売日 2019年03月14日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-515024-5
判型 新書
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 この本は新訳です。また、カバー絵と挿し絵は『リトル プリンセス 小公女 (新装版)』(講談社青い鳥文庫 2007年初版)からの再録です。

著者紹介

原作:フランセス.ホジソン・バ-ネット(フランセス.ホジソン・バーネット)

(Frances Eliza Hodgson Burnett 1849-1924)イギリス生まれ、アメリカの小説家。四歳のときに父を亡くし、十六歳のときにアメリカ・テネシー州へ移住。1868年はじめての作品を雑誌に発表。1873年、医師スワン・バーネットと結婚し、二人の息子をもうける。ベストセラーとなった『小公子』(1886年)のモデルは、次男ヴィヴィアンである。50冊以上もの作品を残す。代表的作品に『秘密の花園』(1911)『小公女』(1905)など。ニューヨーク州にて逝去。

訳:石崎 洋司(イシザキ ヒロシ)

児童書作家。東京都生まれ。慶応大学経済学部卒業。『世界の果ての魔女学校』で野間児童文芸賞、日本児童文芸家協会賞受賞。主な著書に、「黒魔女さんが通る!!」シリーズ(講談社青い鳥文庫)、『杉原千畝 命のビザ』(講談社火の鳥伝記文庫)、翻訳の仕事に『クロックワークスリー マコーリー公園の秘密と三つの宝物』(講談社)、「少年弁護士セオの事件簿」シリーズ(岩崎書店)などがある。

その他:藤田 香(フジタ カオリ)

関西出身。書籍、雑誌、ゲームなど、幅広く活躍。挿し絵を手がけた児童書に、「黒魔女さんが通る!!」シリーズ、『若草物語』『秘密の花園』『リトルリンセス 小公女セーラ』(以上講談社青い鳥文庫)ほか多数。画集に『Fs5』がある。2018年逝去。

オンライン書店で見る