水木しげるの妖怪えほん

ミズキシゲルノヨウカイエホン
水木しげるの妖怪えほん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

NHK Eテレ「てれび絵本」で人気を呼んだ
「水木しげるの妖怪えほん」が書籍化!

「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親・水木しげるが描いた妖怪画の数々をもとに制作されたテレビ番組「水木しげるの妖怪えほん」が絵本になりました。子どもにとってインパクトのある「ちょっと怖い」絵も、番組独自のアニメ画とユーモラスなストーリーのミックスにより、幼児から大人まで楽しめる一冊となっています。

26妖怪が大集合!
【鬼太郎ファミリーの人気者】
砂かけ婆、児啼爺、一反木綿、塗壁
【日本の有名妖怪たち】
あかなめ、小豆洗い、アマビエ、海坊主、煙羅煙羅、お歯黒べったり、河童、キジムナー、けらけら女、座敷童子、ジキトリ、白坊主、すねこすり、袖引き小僧、タンコロリン、釣瓶火、豆腐小僧、ぬらりひょん、火取魔、ぶるぶる、べとべとさん、目目連

製品情報

製品名 水木しげるの妖怪えほん
著者名 文・絵:水木 しげる 協力:NHKエデュケーショナル
発売日 2019年03月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-515009-2
判型 B5変型
ページ数 80ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス