未来予測入門 元防衛省情報分析官が編み出した技法

講談社現代新書
ミライヨソクニュウモンモトボウエイショウジョウホウブンセキカンガアミダシタギホウ
未来予測入門 元防衛省情報分析官が編み出した技法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「仕事ができる人、少し先を読むことができる人は、知らず知らずのうちに、未来予測のテクニックの一部を使って、思考・分析を繰り返しているのである」(著者)

自分の周辺の未来、自分が予測する業界の今後を可能なかぎり正確に予測する技術――。
世界の情報機関がごく普通に使っている思考法・分析手法を駆使することで、「未来予測」はぐっと身近なものになる!

質問の再設定、アウトサイドイン思考、フレームワーク分席、クロノロジー&マトリックス、シナリオ・プランニング・・・・・・
安全保障の最前線で磨かれた機密メソッドを、一般向けに改良、とうとう実現させた驚きの技法を初公開。

はじめに
第1章 未来予測とは何か
第2章 情報分析の技法
第3章 未来予測のための情報分析法
第4章 ケーススタディ1 将来有望な職業を予測する
第5章 ケーススタディ2 未来のベストセラーを予測する
第6章 ケーススタディ3 これからの世の中を予測する

目次

  • はじめに
  • 第1章 未来予測とは何か
  • 第2章 情報分析の技法
  • 第3章 未来予測のための情報分析法
  • 第4章 ケーススタディ1 将来有望な職業を予測する
  • 第5章 ケーススタディ2 未来のベストセラーを予測する
  • 第6章 ケーススタディ3 これからの世の中を予測する

製品情報

製品名 未来予測入門 元防衛省情報分析官が編み出した技法
著者名 著:上田 篤盛
発売日 2019年10月16日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-514580-7
通巻番号 2545
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:上田 篤盛(ウエダ アツモリ)

上田篤盛(うえだ あつもり)
1960年広島県生まれ。元防衛省情報分析官。防衛大学校(国際関係論)卒業後、1984年に陸上自衛隊に入隊。87年に陸上自衛隊調査学校の語学課程に入校以降、情報関係職に従事。92年から95年にかけて在バングラデシュ日本国大使館において警備官として勤務し、危機管理、邦人安全対策などを担当。帰国後、調査学校教官をへて戦略情報課程および総合情報課程を履修。その後、防衛省情報分析官および陸上自衛隊情報教官などとして勤務。2015年定年退官。現在、軍事アナリストとして活躍。メルマガ「軍事情報」で連載。ブログ「インテリジェンスの匠」運営中。著書に『中国軍事用語事典(共著)』(蒼蒼社)、『中国の軍事力 2020年の将来予測(共著)』(蒼蒼社)、『戦略的インテリジェンス入門─分析手法の手引き』『中国が仕掛けるインテリジェンス戦争』『中国戦略“悪"の教科書─「兵法三十六計」で読み解く対日工作』『情報戦と女性スパイ』『武器になる情報分析力 インテリジェンス実技マニュアル』(いずれも並木書房)。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス