どうぶつのかぞく チーター ちいさなハンター

ドウブツノカゾクチーターチイサナハンター
作:佐藤 まどか 絵:あべ 弘士 監・その他:今泉 忠明
  • 電子あり
どうぶつのかぞく チーター ちいさなハンター
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

子どもたちに人気の動物の家族をテーマにした童話シリーズ「どうぶつのかぞく」。世界一足が速いチーターはかっこよく獲物をかります。でも……実は口が小さいから、ほかの動物に獲物をとられてしまうことが多いのです。では、サバンナのチーターたちはどうやって獲物を手に入れようとするのでしょうか。自分の良さをいかして、助けあって生きようとするチーター三兄弟の物語。


●子どもたちに人気の動物の家族をテーマにした童話シリーズ「どうぶつのかぞく」。

●世界一足が速いチーターはかっこよく獲物をかります。でも……実は口が小さいから、ほかの動物に獲物をとられてしまうことが多いのです。さて、サバンナのチーター三兄弟はどうやって獲物を手に入れようとするのでしょうか。自分の良さをいかして、助けあって生きようとする野生のチーターの物語。

子どもたちに人気の動物の家族をテーマにした童話シリーズ「どうぶつのかぞく」。

動物たちのユニークな子育てや家族が力を合わせてが生き抜く様子を題材に8人の豪華執筆陣が描き下ろし、動物学の第一人者である今泉忠明先生がお話とコラムを監修。
小学低学年から中学年向けの創作童話です。
2018年12月から3ヶ月連続で刊行致します。

●シリーズ「どうぶつのおやこ」の特色
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。
・「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた童話作品として楽しむことができます。また、シリーズを通して読むことで、さまざまな動物の生態を知ることはもちろん、親子の愛情や自然界で生きる厳しさ、命の尊さを学べます。
・ほぼすべての見開きに、実力ある画家によるイラストが入っていて、低学年から、ひとりで読めます。
・巻末に収録したコラムページで、どうぶつへの理解がさらに深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。

シリーズラインナップ

12月 パンダのおはなし(小手鞠るい)       ペンギンのおはなし(吉野万理子)
1月  カンガルーのおはなし(佐川芳枝)      アフリカ象のおはなし(如月かずさ)     キリンのおはなし(茂市久美子)
2月  ホッキョクグマのおはなし(小林深雪)    ライオンのおはなし(村上しい子)      
3月 チーターのおはなし(佐藤まどか)

製品情報

製品名 どうぶつのかぞく チーター ちいさなハンター
著者名 作:佐藤 まどか 絵:あべ 弘士 監・その他:今泉 忠明
発売日 2019年04月03日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-514514-2
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:佐藤 まどか(サトウ マドカ)

東京都出身。1987年よりイタリア在住。デザイナーとして活躍する一方、児童文学を書きはじめる。第二十二回ニッサン童話と絵本のグランプリで童話大賞を受賞した『水色の足ひれ』(BL出版)でデビュー。
作品に『スーパーキッズ 最低で最高のボクたち』(第二十八回うつのみやこども賞を受賞)、『スーパーキッズ2 さらば自由と放埓の日々』『カフェ・デ・キリコ』『リジェクション』(すべて講談社)、「マジックアウト」3部作 (フレーベル館)、『コケシちゃん』(フレーベル館)、『たべもののおはなし スパゲッティ スパゲッティ大さくせん』(講談社)など。日本児童文学者協会会員。季節風同人。

絵:あべ 弘士(アベ ヒロシ)

北海道生まれ。旭川市旭山動物園の飼育係から、絵本作家に。『あらしのよるに』(講談社)で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞受賞。『ゴリラにっき』で小学館児童出版文化賞受賞。「ハリネズミのプルプル」シリーズ(文溪堂)で赤い鳥さし絵賞受賞。『どうぶつゆうびん』(講談社)で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞、『宮沢賢治「旭川。」より』(BL出版)で産経児童出版文化賞美術賞を受賞。
その他の作品に『クマと少年』(ブロンズ新社)、『新世界へ』(偕成社)、『エゾオオカミ物語』『こんちき号北極探検記』(講談社)「かわうそ3兄弟」シリーズ(小峰書店)、「ライオン絵本」シリーズ(佼成出版社)などの作品がある。

監・その他:今泉 忠明(イマイズミ タダアキ)

動物学者(生態学、分類学)。1944年、動物学者である今泉吉典の二男として、東京に生まれる。東京水産大学(現・東京海洋大学)卒業後、当時、国立科学博物館に勤務していた父の誘いで、特別研究生として、哺乳類の生態調査に参加。その後、文部省(現・文部科学省)の国際生物学事業計画調査、日本列島の自然史科学的総合研究などにも参加した。伊豆高原ねこの博物館館長、日本動物科学研究所所長などを歴任。監修をつとめた『ざんねんないきもの事典』(高橋書店)は、2018年、「こどもの本総選挙」で第1位に選ばれた。動物関連の著書が多数あるほか、『講談社の動く図鑑MOVE』をはじめ、たくさんの動物本の監修も行っている。兄、息子ともに動物学者という“動物一家”の一員である。

オンライン書店で見る