小林秀雄の悲哀

講談社選書メチエ
コバヤシヒデオノヒアイ
  • 電子あり
小林秀雄の悲哀
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「もう、終いにする」
戦後の知識世界に輝くビッグネーム・小林秀雄が、晩年、10年にわたって取り組んだ『本居宣長』は、
執筆に難渋し、結論に達しないまま意外な一言で終わってしまった。
日本が誇る知性は、なぜ最後の仕事で挫折したのか。
彼がこの書物にかけた思い、企図、成果は?
そして小林がたどり着きたかった「ゴール」はどこにあったのか?
当代随一といわれた批評家のライフワーク『本居宣長』を丁寧に読み解き、
小林の批評ぶりを多角的に検討しながら、
批評とは何か、さらに批評を支える「原理」とは何かについて考える。
目次
序章
第2章  『本居宣長』という書物
第3章  外堀を埋める 『本居宣長』を読む・その1
第4章  源氏物語のほうへ 『本居宣長』を読む・その2
第5章  『古事記伝』を読む  『本居宣長』を読む・その3
第6章  『古事記伝』という仕事
第7章  小林秀雄の悲哀

目次

  • 序章
  • 『本居宣長』という書物
  • 外堀を埋める 『本居宣長』を読む・その1
  • 源氏物語のほうへ 『本居宣長』を読む・その2
  • 『古事記伝』を読む  『本居宣長』を読む・その3
  • 『古事記伝』という仕事
  • 小林秀雄の悲哀

製品情報

製品名 小林秀雄の悲哀
著者名 著:橋爪 大三郎
発売日 2019年02月09日
価格 定価 : 本体2,450円(税別)
ISBN 978-4-06-514467-1
通巻番号 694
判型 四六
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:橋爪 大三郎(ハシヅメ ダイサブロウ)

はしづめ・だいさぶろう 1948年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学者。東京工業大学名誉教授。主な著書に『はじめての構造主義』(講談社現代新書)、『言語派社会学の原理』(洋泉社)、『政治の教室』(講談社学術文庫)、『面白くて眠れなくなる社会学』(PHP研究所)、『橋爪大三郎コレクション1~3』(勁草書房)、『丸山眞男の憂鬱』(講談社選書メチエ)、『政治の哲学』(ちくま新書)など多数。大澤真幸氏との共著に『ふしぎなキリスト教』『げんきな日本論』(ともに講談社現代新書)、『ゆかいな仏教』『続・ゆかいな仏教』(ともにサンガ新書)、『アメリカ』(河出新書)などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る