極北ラプソディ2009

講談社文庫
キョクホクラプソディ2009
  • 電子あり
極北ラプソディ2009
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『ブラックペアン1988』から20年。世良雅志、院長就任! 財政破綻した街の超難題は、「救急医療」だった。極北市民病院再建のため世良の改革が次々と繰り出されるが、患者数は激減してしまう。そんななか今中は、雪見市の救急救命センターへの出向を命じられ……。


財政破綻した極北市民病院に、院長としてやってきた世良雅志。病院再建のため次々と繰り出される改革。そんななか今中は、雪見市の救急救命センターへの出向を命じられ……。

製品情報

製品名 極北ラプソディ2009
著者名 著:海堂 尊
発売日 2019年03月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-514428-2
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は2011年12月に朝日新聞出版より単行本が刊行され、2013年10月に朝日文庫に収録された『極北ラプソディ』を加筆修正し改題したものです。

著者紹介

著:海堂 尊(カイドウ タケル)

1961年、千葉県生まれ。千葉大学医学部卒業。千葉大学大学院博士課程修了。『チーム・バチスタの栄光』(2006年/宝島社刊)で、第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しデビュー。宝島社のシリーズは累計1000万部を超える。同シリーズを含め『ジーン・ワルツ』『極北ラプソディ』など映像化作品も多数。作品群は世界観が統一され「桜宮サーガ」とも呼ばれる。現在キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの生涯を描く大河小説『ポーラースター』シリーズを執筆中で、最新刊は第2巻『ゲバラ漂流』。『ブラックペアン1988』は2018年、日曜劇場でドラマ化され大きな話題をよんだ。

オンライン書店で見る