浜の甚兵衛

講談社文庫
ハマノジンベエ
  • 電子あり
浜の甚兵衛
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治三陸地震のあと、港町・仙河海で、正妻の子である兄とそりが合わず、鬱屈を粗暴な振る舞いで晴らしていた甚兵衛。事故で沖買船を失うも、北洋でのラッコ・オットセイ猟のことを知り、すべてを賭ける。東北から遙か北の海に繰り出した明治の男の覚悟と男気を描く。著者のライフワーク「仙河海サーガ」、最初の物語。

©Tatsuya Kumagai

製品情報

製品名 浜の甚兵衛
著者名 著:熊谷 達也
発売日 2019年02月15日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-514412-1
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年11月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:熊谷 達也(クマガイ タツヤ)

1958年仙台市生まれ。東京電機大学理工学部卒業。中学校教諭、保険代理店業を経て、'97年「ウエンカムイの爪」で小説すばる新人賞を受賞。2000年には『漂泊の牙』で新田次郎文学賞を、’04年『邂逅の森』で山本周五郎賞に続き直木賞も受賞する。同一作品での両賞同時受賞は史上初の快挙。近年は宮城県気仙沼市がモデルの三陸の架空の町を舞台とする「仙河海サーガ」を書き続けている。

オンライン書店で見る