新装版 祇園女御 上

講談社文庫
シンソウバンギオンニョウゴジョウ
  • 電子あり
新装版 祇園女御 上
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

平安時代末期、後の白河上皇がまだ東宮だったころ、その妃として藤原道子は入内した。東宮17歳、道子28歳だった。年の差に気後れする道子を、大人びた東宮は寵愛する。だがなかなか懐妊できず、やがてずっと年下の新しい妃・賢子が入内してくる。東宮の寵愛は賢子に移っていき、東宮が白河帝として即位したころには、道子は里帰りが多くなっていた。他方伊勢では、京に上って殿上人になる野望を抱く平忠盛の邸に傀儡子の頭領鷲丸が訪れ、美貌の少女・たまきと世話役のあかねを引き合わせていた。たまきこそが、後に貴族社会に影響力を持った女人「祇園女御」なのだが……。

製品情報

製品名 新装版 祇園女御 上
著者名 著:瀬戸内 寂聴
発売日 2019年01月16日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-514337-7
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は1975年9月に講談社文庫で刊行されたものを、本文組み、装幀を変えて、新装版として刊行したものです。

オンライン書店で見る