十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界

講談社選書メチエ
ジュウハッセイキキョウトガダンショウハクジャクチュウオウキョタチノセカイ
  • 電子あり
十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

蕪村や応挙、若冲、さらに蘆雪に蕭白。ほぼ同時期、同じ地に豊かな才能が輩出した。彼らは旧来の手法から抜けだし、己の個性を恃んで、奔放に新しい表現を打ちだす。多士済々、百花繚乱。十八世紀の京都は、まさにルネサンスの地であった。「奇想」の美術史家・辻惟雄は、彼らの作品に向き合い、多数の論考を遺している。それらを抜粋し、作品の解釈から時代背景や人物像にも迫ってゆく。あの時代の京都を、彩りをもって甦らせる試みである。

製品情報

製品名 十八世紀京都画壇 蕭白、若冲、応挙たちの世界
著者名 著:辻 惟雄
発売日 2019年02月09日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-514320-9
通巻番号 693
判型 四六
ページ数 248ページ
シリーズ 講談社選書メチエ
初出 収録作品参照

著者紹介

著:辻 惟雄(ツジ ノブオ)

辻 惟雄(つじ・のぶお)
一九三二年愛知県生まれ。東京大学文学部美術史学科卒業。東京大学大学院博士課程中退。美術史家。東北大学教授、東京大学教授、多摩美術大学学長、千葉市美術館館長、MIHO MUSEUM館長などを歴任。現在、東京大学、多摩美術大学名誉教授、MIHO MUSEUM顧問。
主な著書に、『奇想の系譜』『奇想の図譜』(ともにちくま学芸文庫)、『日本美術の歴史』(東京大学出版会)、『奇想の発見:ある美術史家の回想』(新潮社)、『辻惟雄集』(岩波書店、全六巻)、『若冲』(講談社学術文庫)ほか。

オンライン書店で見る