この道

文芸(単行本)
コノミチ
  • 電子あり
この道
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祖先、肉親、自らの死の翳を見つめながら、綴られる日々の思索と想念。死を生の内に、いにしえを現在に呼び戻す、幻視と想像力の結晶。80歳を過ぎてますます勁健な筆を奮い、文学の可能性を極限まで拡げつづける古井文学の極点。

目次

  • たなごころ
  • 梅雨のおとずれ
  • その日のうちに
  • 野の末
  • この道
  • 花の咲く頃には
  • 雨の果てから
  • 行方知れず

製品情報

製品名 この道
著者名 著:古井 由吉
発売日 2019年02月02日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-514336-0
判型 四六変型
ページ数 258ページ
初出 「群像」|「たなごころ」…2017年8月号、「梅雨のおとずれ」…2017年10月号、「その日のうちに」…2017年12月号、「野の末」…2018年2月号、「この道」…2018年4月号、「花の咲く頃には」…2018年6月号、「雨の果てから」…2018年8月号、「行方知れず」…2018年10月号。

著者紹介

著:古井 由吉(フルイ ヨシキチ)

古井由吉(ふるい・よしきち)1937年、東京生まれ。東京大学独文科修士課程修了。大学教員となり、ブロッホ、ムージル等を翻訳する。70年、大学を退職。71年、「杳子」で芥川賞を受賞。黒井千次、坂上弘、後藤明生らとともに「内向の世代」と称される。77年、高井有一らと同人誌「文体」を創刊。83年、『槿』で谷崎賞、90年、『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年、『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞。作品に『山躁賦』『野川』『辻』『白暗淵』『ゆらぐ玉の緒』他がある。

オンライン書店で見る