オカルティズム 非理性のヨーロッパ

講談社選書メチエ
オカルティズムヒリセイノヨーロッパ
  • 電子あり
オカルティズム 非理性のヨーロッパ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ヘルメス文書、グノーシス、カバラー、タロット、黒ミサ、フリーメーソンやイリュミナティなどの秘密結社、そしてナチ・オカルティズムとユダヤ陰謀論……古代から現代まで、オカルトは人間の歴史と共にある。一方、「魔女狩り」の終焉とともに近代が始まり、その意味合いは大きく変貌する――。理性の時代を貫く非理性の系譜とは何か。世界観の変遷を闇の側からたどる、濃密なオカルティズム思想史!

【目次】
序章 毒薬事件――悪魔の時代の終焉と近代のパラドクス
第一章 オカルティズムとは何か
第二章 オカルティズム・エゾテリスムの伝統
第三章 イリュミニズムとルソー――近代オカルティズム前史
第四章 ユートピア思想と左派オカルティズム
第五章 エリファス・レヴィ――近代オカルティズムの祖
第六章 聖母マリア出現と右派オカルティズム
第七章 メスマーの「動物磁気」とその影響
第八章 心霊術の時代 
第九章 科学の時代のオカルティズム――心霊術と心霊科学 
第十章 禍々しくも妖しく――陰謀論を超えて
終章 神なき時代のオカルティズム 

製品情報

製品名 オカルティズム 非理性のヨーロッパ
著者名 著:大野 英士
発売日 2018年12月12日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-514260-8
通巻番号 690
判型 四六
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:大野 英士(オオノ ヒデシ)

1956年東京生まれ。東京大学文学部仏文科卒。早稲田大学大学院文学研究科仏文学専攻博士課程満期退学。パリ第七大学大学院でジュリア・クリステヴァに師事。2000年、文学博士号(ドクトル・エス・レットル)取得。専門はフランス文学。現在、早稲田大学ほか非常勤講師。著書に『ネオリベ現代生活批判序説』(新評論、白石嘉治ほかと共編著)、『ユイスマンスとオカルティズム』(新評論)など。訳書に『フランサフリック』(緑風出版、高橋武智との共訳)、『ピアニストのノート』(講談社選書メチエ)などがある。

オンライン書店で見る