ノーベル(新装版)

ノーベルシンソウバン
  • 電子あり
ノーベル(新装版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誰もが知っている「ノーベル賞」は、ノーベルの莫大な遺産をもとに運営されています。ノーベルは1833年にスウェーデンに生まれた科学者です。機雷を実用化した父に似て発明好きだった少年は、アメリカで物理、化学を学び、ダイナマイトを発明します。ダイナマイトは産業だけでなく、強力な破壊力の武器に使われるようになります。ノーベルは晩年になって世界平和への貢献を願うようになり、それがノーベル賞に結実しました。


誰もが知っている「ノーベル賞」は、ノーベルの莫大な遺産をもとに運営されています。ノーベルは1833年にスウェーデンに生まれた科学者です。機雷を実用化した父に似て発明好きだった少年は、アメリカで物理、化学を学び、ダイナマイトを発明します。安定した爆破技術は、鉱山の開発や鉄道の敷設など、産業の発展に役立ちました。しかし、やがて強力な破壊力の武器に使われるようになります。ノーベルは晩年になって、世界平和への貢献を願うようになり、そのアイディアは死後、ノーベル賞に結実しました。第1回ノーベル賞の授賞式は、1901年12月10日にスウェーデンのストックホルムと、ノルウェーのオスロで行われました。 
*巻末に人物伝つき
*小学上級から 
*すべての漢字にふりがなつき

製品情報

製品名 ノーベル(新装版)
著者名 文:大野 進 絵:藤原 カムイ
発売日 2018年12月20日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-514091-8
判型 新書
ページ数 186ページ
シリーズ 講談社 火の鳥伝記文庫
初出 本書は講談社火の鳥文庫『ノーベル』(1983年3月28日初版)を底本に、新しい資料に基づいて内容の改訂を行い、一部の文字づかい、表現などを読みやすくあらためたものです。作者の大野進氏による「あとがき」は旧版のものを一部改訂して再録しました。

著者紹介

文:大野 進(オオノ ススム)

●作家。1936年、島根県に生まれる。同志社大学文学部中退。おもな著書に、詩集『漂泊(さすらい)』ノンフィクション『悲劇の大事故を追え』、童話『小人のいたずら、他』などがある。

絵:藤原 カムイ(フジワラ カムイ)

●漫画家。1959年、東京に生まれる。桑沢デザイン研究所卒業。子どものころから漫画を描きはじめ、1979年、第18回手塚賞佳作でデビュー。ペンネームの「カムイ」は、アイヌ語で神や森羅万象を表す。漫画のほか、イラスト、デザイン、ゲームなど幅広く活躍。漫画作品に『精霊の守り人』(原作・上橋菜穂子)、ドラゴンクエストシリーズなどがある。

オンライン書店で見る