定年後の人生を変えるアドラー心理学 Adler’s Barへようこそ

テイネンゴノジンセイヲカエルアドラーシンリガクアドラーズバーヘヨウコソ
  • 電子あり
定年後の人生を変えるアドラー心理学 Adler’s Barへようこそ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

定年という人生の大きな節目を迎える男性には、さまざま悩みや不安が押し寄せる。そんな彼らが訪れるのが本書の舞台、アドラーズ・バー。マスターは、「やることがない」「老親の介護」「冷めた夫婦関係」など、誰にも言えない悩みや不安に耳を傾け、アドラー心理学を使ってアドバイスをおくる。マスターの言葉に「気づき」と「勇気」をもらう男性たちの全20話。1話ごとに、『アドラー心理学講座』のわかりやすいイラスト解説付


【定年前後の悩みや不安はアドラー心理学で解消!】
「やることがない」、「老親の介護」、「冷めた夫婦関係」――定年という大きなターニングポイントに立ち、それまで仕事一筋だった男性の多くが直面する悩みや不安の数々。本書は、アドラー心理学を使い、押し寄せる悩みや不安を解消して、これからの人生に新たな目的を見出す方法をアドバイス。舞台は、アドラー心理学に詳しいマスターがいる「アドラーズ・バー」。悩みを抱えた男性客とマスターの対話形式で、マイナスからプラスに変わっていく気持ちの変化がよくわかる。1話完結の全20話。1話ごとに「アドラー心理学講座」のわかりやすいイラスト解説付。

【本書の内容】
《第1章 現役生活からの脱却》
1 年下ばかりの職場になじめない=アドラー心理学講座 リスペクトから始まる横の関係
2 今までのつき合いは肩書があったから?=講座 目的論
3 何もやることがない=講座 量的な成功から質的な幸福へ
4 現役で活躍する人をひがんでしまう=講座 対他競争と対自競争
5 自分は一体、何をしてきたのだろう=講座 主観的意味づけ 
《第2章 子どもと老親》
6 独身の娘が心配=講座 課題の分離
7 引きこもりの息子が心配=講座 共同体を広げる
8 親の教育のせいでこんな人間になった、と言われた=講座 劣等感と劣等コンプレックス
9 子どもが会いに来てくれない=講座 縦の関係と横の関係
10 認知症の親にイライラしてしまう=講座 怒りとは二次感情
11 介護が原因で兄弟仲が険悪に=講座 家族会議
12 実家の母を、老人ホームに入れてしまったが……=講座 悪いあなたとかわいそうな私
《第3章 妻と男心》
13 妻ともう一度向き合いたい=講座 勇気づけの言葉
14 妻のことをひがんでしまう=講座 PとN
15 離婚をせまられた。一人でどうやって生きていけばいいのか……=講座 他者(社会)貢献
16 若い人に恋心を抱いてしまった=講座 行動の結末を予測する
《第4章 老いと人生》
17 老いていくのがこわい/18 盗撮グセがやめられない/19 精力がめっきり弱くなってしまった/20 ガンになり、余命宣告をされた

製品情報

製品名 定年後の人生を変えるアドラー心理学 Adler’s Barへようこそ
著者名 監:八巻 秀
発売日 2018年12月15日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-514021-5
判型 四六
ページ数 176ページ
シリーズ The New Fifties

著者紹介

監:八巻 秀(ヤマキ シュウ)

【監修者プロフィール】
1963年、岩手県生まれ。臨床心理士。駒澤大学文学部心理学科教授。やまき心理臨床オフィス・スーパーヴァイザー。現在、駒澤大学大学院にて臨床心理士養成に携わる一方、やまき心理臨床オフィス(東京都立川市)、駒澤大学コミュニティ・ケアセンターなどで心理臨床活動を行っている。また、家庭裁判所調査官養成課程研修講師、秋田県総合教育センター・岩手県立総合教育センター研修講師なども兼任している。共著に『臨床アドラー心理学のすすめ―セラピストの基本姿勢から実践の応用まで』(遠見書房)など、監修に『アドラー心理学―人生を変える思考スイッチの切り替え方』(ナツメ社)、『おしえてアドラー先生!―こころのなやみ、どうしたらいいの?』(世界文化社)がある。

オンライン書店で見る