閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム

講談社タイガ
エンマドウサラノスイリキタンテントセンノスイリゲーム
  • 電子あり
閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この閻魔さまは
やさしい。

「犯人が分かったら、生き返らせてあげます」
たった一人の家族のために挑む、霊界の推理ゲーム!
「5万円が当たる!」企画、解答編&当選者大発表!

☆☆☆

中学生の由芽は気づいたら死んでいた。
閻魔大王の娘・沙羅は私を殺した犯人を当てれば生き返らせると言う。
そういえば、最近変なことが続いていた。
担任の不倫写真が撮られたり、ダメ親父の描いた絵が高値で売れたり、なによりナイフで脅されて一度解放されてから撲殺されたり――。
鍵は、不可解な状況を繋ぐ点と線。
由芽はたった一人の家族のため、霊界の推理ゲームに挑む!

製品情報

製品名 閻魔堂沙羅の推理奇譚 点と線の推理ゲーム
著者名 著:木元 哉多
発売日 2018年12月20日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-513991-2
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社タイガ
初出 第1話「向井由芽 13歳 中学生 死因・撲殺」問題編…WEBにて先行公開、解答編…書き下ろし、第2話「閻魔堂沙羅の日常」第3話「久保達樹 47歳 元ヤクザ 死因・射殺」…書き下ろし。

著者紹介

著:木元 哉多(キモト カナタ)

埼玉県出身。『閻魔堂沙羅の推理奇譚』にて第55回メフィスト賞を受賞しデビュー。新人離れした筆運びと巧みなストーリーテリングが武器。

オンライン書店で見る