100万分の1回のねこ

講談社文庫
ヒャクマンブンノイッカイノネコ
100万分の1回のねこ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

佐野洋子『100万回生きたねこ』への、13人の作家によるトリビュート短篇集

江國香織「生きる気まんまんだった女の子の話」
岩瀬成子「竹」
くどうなおこ「インタビューあんたねこ」
井上荒野「ある古本屋の妻の話」
角田光代「おかあさんのところにやってきた猫」
町田康「百万円もらった男」
今江祥智「三月十三日の夜」
唯野未歩子「あにいもうと」
山田詠美「100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン」
綿矢りさ「黒ねこ」
川上弘美「幕間」
広瀬弦「博士とねこ」
谷川俊太郎「虎白カップル譚」

製品情報

製品名 100万分の1回のねこ
著者名 著:江國 香織 著:岩瀬 成子 著:くどう なおこ 著:井上 荒野 著:角田 光代 著:町田 康 著:今江 祥智 著:唯野 未歩子 著:山田 詠美 著:綿矢 りさ 著:川上 弘美 著:広瀬 弦 著:谷川 俊太郎
発売日 2018年12月14日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-513998-1
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 江國香織「生きる気まんまんだった女の子の話」…「小説現代」2014年10月号、岩瀬成子「竹」…「小説現代」2014年10月号、くどうなおこ「インタビューあんたねこ」…「小説現代」2014年10月号、井上荒野「ある古本屋の妻の話」…「小説現代」2014年10月号、角田光代「おかあさんのところにやってきた猫」…「小説現代」2014年11月号、町田康「百万円もらった男」…「小説現代」2014年11月号、今江祥智「三月十三日の夜」…「小説現代」2014年11月号、唯野未歩子「あにいもうと」…「小説現代」2014年11月号、山田詠美「100万回殺したいハニー、スウィート ダーリン」…「小説現代」2014年12月号、綿矢りさ「黒ねこ」…「小説現代」2014年12月号、川上弘美「幕間」…「小説現代」2014年12月号、広瀬弦「博士とねこ」…書き下ろし、谷川俊太郎「虎白カップル譚」…「小説現代」2014年12月号。

著者紹介

著:江國 香織(エクニ カオリ)

1964年東京都生まれ。92年『きらきらひかる』で紫式部文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で直木賞、10年『真昼なのに昏い部屋』で中央公論文芸賞、12年「犬とハモニカ」で川端文学賞受賞、『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞。ほかに『東京タワー』『がらくた』『なかなか暮れない夏の夕暮れ』など著書多数。

著:岩瀬 成子(イワセ ジョウコ)

1950年山口県生まれ。78年『朝はだんんだん見えてくる』で日本児童文学者協会新人賞、92年『「うそじゃないよ」と谷川くんはいった』で小学館文学賞、95年『ステゴザウルス』と『迷い鳥とぶ』で路傍の石文学賞、2008年『そのぬくもりはきえない』で日本児童文学者協会賞、14年『あたらしい子がきて』で野間児童文芸賞、15年『きみは知らないほうがいい』で産経児童出版文化賞・大賞受賞。

著:くどう なおこ(クドウ ナオコ)

1935年台湾生まれ。博報堂のコピーライターなどを経て児童文学の世界へ。83年『てつがくのライオン』で日本児童文学者協会新人賞、85年『ともだちは海のにおい』で産経児童出版文化賞、90年『ともだちは緑のにおい』で芸術選奨新人賞、2008年『のはらうた5』で野間児童文芸賞を受賞。ほかに『あいたくて』(佐野洋子・絵)『工藤直子詩集』など著書多数。

著:井上 荒野(イノウエ アレノ)

1961年東京都生まれ。1989年「わたしのヌレエフ」でフェミナ賞、2004年『潤一』で島清恋愛文学賞、08年『切羽へ』で直木賞、11年『そこへ行くな』で中央公論文芸賞を受賞。ほかに、『もう切るわ』『だりや荘』『誰よりも美しい妻』『ベーコン』『つやのよる』『キャベツ炒めに捧ぐ』『ほろびぬ姫』『虫娘』『悪い恋人』『リストランテ アモーレ』『ひどい感じ 父・井上光晴』『ママがやった』など著書多数。

著:角田 光代(カクタ ミツヨ)

1967年神奈川県生まれ。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『かなたの子』で泉鏡花文学賞、同年『紙の月』で柴田錬三郎賞を受賞。ほかに『私のなかの彼女』『笹の舟で海をわたる』など著書多数。

著:町田 康(マチダ コウ)

1962年大阪府生まれ。歌手活動の傍ら96年に『くっすん大黒』で小説家デビュー。同作品で野間文芸新人賞とドゥマゴ文学賞、2000年「きれぎれ」で芥川賞、01年『土間の四十八滝』(詩集)で萩原朔太郎賞、02年年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、05年『告白』で谷崎潤一郎賞、08年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。ほかに『夫婦茶碗』『パンク侍、斬られて候』『浄土』『ホサナ』など著書多数。

著:今江 祥智(イマエ ヨシトモ)

1932年大阪府生まれ。67年『海の日曜日』で産経児童出版文化賞、74年『ぼんぼん』で日本児童文学者協会賞、77年『兄貴』で野間児童文芸賞、96年『でんでんだいこ いのち』(絵本)で小学館児童出版文化賞、2004年『いろはにほへと』(絵本)で日本絵本賞を受賞。ほかに『あのこ』『優しさごっこ』『おれたちのおふくろ』『牧歌』『袂のなかで』など著書多数。15年3月20日逝去。

著:唯野 未歩子(タダノ ミアコ)

1973年東京都生まれ。98年「フレンチドレッシング」で女優デビュー。以後「大いなる幻影」「金髪の草原」「さゞなみ」などに出演。2006年「三年身籠る」で初監督、同時に同名の小説を書き下ろし小説家デビュー。主な作品に『三年身籠る』『走る家』『正直な娘』『はじめてだらけの夏休み』『ほんとうに誰もセックスしなかった夜』『青きを踏む、花曇り、その他の短篇』などがある。

著:山田 詠美(ヤマダ エイミ)

1959年東京都生まれ。87年『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞、89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞を受賞。ほかに『ベッドタイムアイズ』『学問』『賢者の愛』など著書多数。

著:綿矢 りさ(ワタヤ リサ)

1984年京都府生まれ。2001年『インストール』で文藝賞を受賞して作家デビュー。04年『蹴りたい背中』で芥川賞、12年『かわいそうだね?』で大江健三郎賞を受賞。ほかの作品に『夢を与える』『勝手にふるえてろ』『ひらいて』『しょうがの味は熱い』『憤死』『大地のゲーム』『手のひらの京』などがある。

著:川上 弘美(カワカミ ヒロミ)

1958年東京都生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』で紫式部文学賞とドゥマゴ文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞、16年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞。ほかに『龍宮』『光ってみえるもの、あれは』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『ざらざら』『風花』『七夜物語』『猫を拾いに』など著書多数。

著:広瀬 弦(ヒロセ ゲン)

1968年東京都生まれ。絵本・さし絵などで個性豊かな作品を発表している。91年「かばのなんでもや」シリーズ(作・佐野洋子)で産経児童出版文化賞推薦、2000年『空へつづく神話』(富安陽子作)で産経児童出版文化賞受賞。佐野洋子との共著に『かってなくま』『女一匹』『あっちの豚 こっちの豚』など。ほかの作品に『まり』(文・谷川俊太郎)『西遊記』シリーズ(作・斉藤洋)など多数。

著:谷川 俊太郎(タニカワ シュンタロウ)

1931年東京生まれ。52年処女詩集『二十億光年の孤独』を刊行。83年『日々の地図』で読売文学賞、85年『よしなしうた』で現代詩花椿賞、2005年『シャガールと木の葉』で毎日芸術賞を受賞。主な詩集に『旅』『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『定義』『はだか』『夜のミッキー・マウス』『トロムソコラージュ』などがある。ほかに絵本、翻訳も多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス