恋と禁忌の述語論理

講談社文庫
コイトキンキノプレディケット
  • 電子あり
恋と禁忌の述語論理
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

それは、「推理」でなく「検証」。
探偵を補完するもう一つの存在・推理の「検証者(ベリファイア)」、見参!
大ヒット『その可能性はすでに考えた』はここから始まった!?

雪山の洋館での殺人。犯人は双子のどちらか。なのにいずれが犯人でも矛盾。
この不可解な事件を奇蹟の実在を信じる探偵・上苙丞(うえおろじょう)が見事解決
ーーと思いきや、癒やし系天才美人学者の硯(すずり)さんは、その推理を「数理論理学」による検証でひっくり返す!!
他にも個性豊かな名探偵たちが続々登場。名探偵を脅かす推理の検証者、誕生!

『その可能性はすでに考えた』『探偵が早すぎる』の
大人気作家・井上真偽のメフィスト賞受賞作、ついに文庫化!

目次

  • レッスン1「スターアニスと命題論理」
  • レッスン2「クロスノットと述語論理」
  • レッスン3「トリプレッツと様相論理」
  • 進級試験「恋と禁忌の……?」
  • 巻末資料
  • 解説 佳多山大地

製品情報

製品名 恋と禁忌の述語論理
著者名 著:井上 真偽
発売日 2018年12月14日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-513995-0
判型 A6
ページ数 480ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2015年1月に講談社ノベルスとして刊行されました。講談社文庫刊行にあたって加筆修正されています。

著者紹介

著:井上 真偽(イノウエ マギ)

神奈川県出身。東京大学卒業。『恋と禁忌の述語論理』で第51回メフィスト賞を受賞。
第2作『その可能性はすでに考えた』は、恩田陸氏、麻耶雄嵩氏、辻真先氏、評論家諸氏などから大絶賛を受ける。同作は、2016年度第16回本格ミステリ大賞候補に選ばれた他、各ミステリ・ランキングを席捲。
続編『聖女の毒杯 その可能性はすでに考えた』でも「2017本格ミステリ・ベスト10」第1位を獲得した他、「ミステリが読みたい!2017年版」『このミステリーがすごい!  2017年版』「週刊文春ミステリーベスト10 2016年」にランクイン。さらに2017年度第17回本格ミステリ大賞候補と「読者に勧める黄金の本格ミステリー」に選ばれる。
また同年「言の葉の子ら」が第70回日本推理作家協会賞短編部門の候補作に。
他の著書に『探偵が早すぎる』(講談社タイガ)がある。

オンライン書店で見る