好きになる免疫学 第2版

スキニナルメンエキガクダイ2ハン
  • 電子あり
好きになる免疫学 第2版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カラー化し、最新の知見を盛り込んだ待望の改訂版。
キャラクターと共に免疫の複雑な仕組みがすらすら理解できます。
ボリュームアップし、より深く学べるようになりました。

トル様受容体?
マスト細胞?
チェックポイント阻害?

免疫応答の基本骨格から、
さまざまな疾患との関係まで、
しっかり学べる入門書。

医学生から一般まで、はじめて免疫学を学ぶ人のために。
予備知識は何もいりません。

【目次】
序曲 免疫学―その誕生と謎
第1部 病原体との合戦  自然免疫応答と適応免疫応答の二重奏
  第1部への前奏曲 自然免疫応答と適応免疫応答
 第1幕 免疫応答の基本骨格 細菌との戦い
 第2幕 免疫応答の導火線 パターン認識受容体
 第3幕 「私」が「私」でなくなる?! ウイルスと戦う作戦

第2部「自己」と「非自己」のからくり B細胞とT細胞の秘密
 第4幕 私の敵は数え切れない 遺伝子の切り貼りという離れわざ
 第5幕 ハシカに二度かかりにくいのはなぜ? 免疫は記憶する
 第6幕 免疫はどうして自分を攻撃しないのか? 前編 「私」を教育する恐怖の胸腺学校
 第7幕 免疫はどうして自分を攻撃しないのか? 後編 自分に「寛容」とは?
 第8幕 母と子の免疫学 抗体が細胞の中を横切る物語

第3部 臨床免疫学序説 さまざまな疾患とのかかわり
  第3部への前奏曲 臨床免疫の地図帳
 第9幕 適応免疫応答の過剰 まだ謎の多いアレルギーの話
 第10幕 自然免疫応答の過剰 おこったら怖いマクロファージ
 第11幕 自然免疫応答と適応免疫応答の過剰 さまざまな側面をもつ関節リウマチ
 第12幕 腫瘍免疫の話 逆手に取られた免疫学的寛容
 第13幕 エイズウイルスの話 免疫応答を根底から破壊するウイルス
  間奏曲 「真理という大海原」―ニュートンの言葉より
 第14幕 フィナーレ 生命の技法 免疫担当細胞たちの生い立ちの秘密
  後奏曲 免疫学はどこに向かうのか?

目次

  • 序曲 免疫学――その誕生と謎
  • 第1部 病原体との合戦  自然免疫応答と適応免疫応答の二重奏
  • 第2部「自己」と「非自己」のからくり B細胞とT細胞の秘密
  • 第3部 臨床免疫学序説 さまざまな疾患とのかかわり
  • フィナーレ 生命の技法 免疫担当細胞たちの生い立ちの秘密

製品情報

製品名 好きになる免疫学 第2版
著者名 著:萩原 清文 監:山本 一彦
発売日 2019年03月27日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-513903-5
判型 A5
ページ数 272ページ
シリーズ KS好きになるシリーズ

著者紹介

著:萩原 清文(ハギワラ キヨフミ)

95年東京大学医学部卒業。2001年東京大学大学院医学系研究科修了。JR東京総合病院リウマチ・膠原病科 主任医長。日本内科学会総合内科専門医、日本リウマチ学会専門医。
主な著書に、「好きになる分子生物学」 多田富雄監修 萩原清文著 講談社 2002年、「カラー図解 人体の正常構造と機能〈7〉血液・免疫・内分泌 (改訂第3版)」 萩原清文ほか、日本医事新報社 2017年など。

監:山本 一彦(ヤマモト カズヒコ)

理化学研究所 生命医科学研究センター自己免疫疾患研究チームチームリーダー。副センター長。

オンライン書店で見る