はじめての量子化学 量子力学が解き明かす化学の仕組み

ブルーバックス
ハジメテノリョウシカガクリョウシリキガクガトキアカスカガクノシクミ
  • 電子あり
はじめての量子化学 量子力学が解き明かす化学の仕組み
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

化学の本質は電子にあり! 量子力学に支配された電子が、分子の形を決め、色を生み出し、化学反応を引き起こす。量子力学によって電子の状態を求める「分子軌道法」の考え方を、自分のパソコンで計算しながら理解できる、量子化学の最良の入門書です。量子化学計算ソフト「Winmostar」の解説付き!


化学の本質は電子にあり! 量子力学に支配された電子が、分子の形を決め、色を生み出し、化学反応を引き起こす。

●H2分子は存在するのに、なぜHe2分子は存在しないのか?
●DNAはどうして2重らせん構造を取るのか?
●水分子(H2O)はなぜ折れ曲がっているのか?
●物に色がついて見えるのはなぜか?

すべての鍵を握るのは、分子の中にある電子だった! 量子力学によって電子の状態を求める「分子軌道法」の考え方を、自分のパソコンで計算しながら理解できる、量子化学の最良の入門書です。

量子化学計算ソフト「Winmostar」の解説付き!


【目次】
第1章 原子の成り立ち
第2章 原子から分子へ
第3章 分子軌道法から求められるもの
第4章 分子の構造を知る
第5章 電子の分布が分子の性質を決める
第6章 分子の色を知る
第7章 化学反応を予測する
第8章 半経験的分子軌道法計算プログラムを使った計算の実際

付録 水素分子の分子軌道とエネルギーを求める

製品情報

製品名 はじめての量子化学 量子力学が解き明かす化学の仕組み
著者名 著:平山 令明
発売日 2019年03月13日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-515213-3
通巻番号 2090
判型 新書
ページ数 272ページ
シリーズ ブルーバックス
初出 本書は2002年7月20日刊行のブルーバックス『実践 量子化学入門』(CD-ROM付)を一部改訂したものです。

著者紹介

著:平山 令明(ヒラヤマ ノリアキ)

1948年、茨城県生まれ。1974年、東京工業大学大学院修了。ロンドン大学博士研究員、協和発酵工業(株)東京研究所主任研究員、東海大学開発工学部教授、東海大学医学部教授、東海大学糖鎖科学研究所教授を経て、2016年より東海大学先進生命科学研究所教授。理学博士。現在のおもな研究課題は、コンピュータ科学を駆使した、より効果的で、より安全な医薬品の開発。さらに、人間のQOL向上につながる有用物質の探索・創製にも興味を持って研究活動を展開している。著書に『暗記しないで化学入門』『熱力学で理解する化学反応のしくみ』『分子レベルで見た薬の働き 第2版』『「香り」の科学』『カラー図解 分子レベルで見た体のはたらき』(いずれも講談社ブルーバックス)など。

おすすめの本

オンライン書店で見る