記憶術全史 ムネモシュネの饗宴

講談社選書メチエ
キオクジュツゼンシムネモシュネノキョウエン
  • 電子あり
記憶術全史 ムネモシュネの饗宴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

パソコンやスマホをアップデートしたら、画面がガラッと変わって、お目当てのアプリや写真がどこにあるのか分からなくなって呆然。あるいは、近所のコンビニが改装されて、棚の配置がすっかり変わってしまったら、お気に入りのお菓子や飲み物がどこに置いてあるのか分からなくなってイライラ。
──こんな経験は、きっと誰にでもあることでしょう。
このように、記憶というものは「場所」と結びついています。そして、ヨーロッパには、この特性を利用して、膨大な記憶を上手に整理し、必要な時にすぐ取り出せるようにする技法が存在していました。
それが本書のテーマです。
古代ギリシアで産声をあげた記憶術は、紙が貴重だった時代、長大な弁論を暗唱するために開発されました。キケロやクインティリアヌスといった一流の弁論家はもちろん、カエサルも会得していたとされるその技法は、中世には下火になるものの、やがてキリスト教の影響を受けて変容します。そして、15世紀に始まるルネサンスの中で華麗な復活を遂げ、指南書が陸続と出現しました。ところが、17世紀に入った途端、隆盛を極めたかに見えたこの技法は、忽然と姿を消すのです。いったい何が起きたのでしょう?
記憶術は、20世紀になって、パオロ・ロッシ『普遍の鍵』(1960年)と、フランセス・イエイツ『記憶術』(1966年)という記念碑的な著作によって、一挙に脚光を浴びるようになりました。いずれも邦訳が刊行され、日本でも話題になったのをご記憶のかたも多いことでしょう。それから半世紀を経て、記憶術は、文学、哲学、史学、美術史、建築史、音楽学、科学史、思想史、イメージ人類学、教育論、メディア論、記号論、医学など、実に多彩な領域の論客たちが名乗りをあげるようになり、新たなシーンが現れています。
本書は、その最先端で世界的に活躍する気鋭の著者が、記憶術の誕生から黄昏までを一望できるようにと願って執筆した、今後のスタンダートになること間違いなしの決定版です。

目次

  • プロローグ ムネモシュネの饗宴──開宴の辞
  • 第1章 記憶術の誕生
  • 第2章 ルネサンスの記憶術
  • 第3章 忘却術とイメージの力
  • 第4章 天国と地獄の記憶──ロッセッリ『人工記憶の宝庫』
  • 第5章 饒舌なる記憶──デル・リッチョ『記憶術』の世界
  • 第6章 テクストの中の宇宙──チトリーニ『ティポコスミア』が描き出す建築的情報フレーム
  • 第7章 混沌の森から叡智の苑へ──デル・リッチョの記憶術的理想庭園
  • 第8章 記憶術の黄昏──シェンケルの「方法的」記憶
  • エピローグ 終わらない宴
  • 書 誌
  • あとがき

製品情報

製品名 記憶術全史 ムネモシュネの饗宴
著者名 著:桑木野 幸司
発売日 2018年12月12日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-514026-0
通巻番号 689
判型 四六
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:桑木野 幸司(クワキノ コウジ)

1975年、静岡県生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程単位修得退学。博士(文学)(ピサ大学)。第8回(平成23年度)日本学術振興会賞受賞。現在、大阪大学大学院文学研究科准教授。専門は、西洋美術・建築・都市史。
主な著書に、『叡智の建築家』(中央公論美術出版)、『ルネサンスの演出家ヴァザーリ』(共著、白水社)、『ブラマンテ 盛期ルネサンス建築の構築者』(共著、NTT出版)など。主な訳書に、ヴォーン・ハート+ピーター・ヒックス編『パラーディオのローマ』、ジョン・カナリー『古代ローマの肖像』、アンドルー・ペティグリー『印刷という革命』(以上、白水社)など。

オンライン書店で見る