百花遊歴

講談社文芸文庫
ヒャッカユウレキ
百花遊歴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

前衛歌人にして豪腕アンソロジスト塚本邦雄が編んだ、愛する花花と古今の名歌を集めた異色のアンソロジー。大伴家持、和泉式部から松尾芭蕉、芥川龍之介に馬場あき子まで。ユキノシタ科のアジサイ、アヤメ科のカキツバタならぬ、虎耳草科の紫陽花、鳶尾科の燕子花を愛でる人々に贈る、至高至醇の詞華植物園。

製品情報

製品名 百花遊歴
著者名 著:塚本 邦雄
発売日 2018年11月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-513696-6
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『百花遊歴』(1979年3月、文藝春秋刊)を底本として使用しました。

著者紹介

著:塚本 邦雄(ツカモト クニオ)

塚本邦雄(1920~2005)歌人、評論家、小説家。滋賀県生まれ。歌誌「日本歌人」(前川佐美雄主宰)に入会。51年、『水葬物語』で歌壇に登場。60年、岡井隆、寺山修司らと「極」を創刊。85年、歌誌「玲瓏」主宰。反リアリズムの前衛短歌の雄として精力的に活動。『日本人霊歌』で現代歌人協会賞、『詩歌變』で詩歌文学館賞、『不變律』で迢空賞、『黄金律』で斎藤茂吉短歌文学賞、『魔王』で現代短歌大賞を受賞。97年、勲四等旭日小綬章受章。著書に『西行百首』『秀吟百趣』『詞華美術館』他多数がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス