「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」

ブルーバックス
ココロハイカニシテウマレルノカサイシンノウカガクデトキアカスジョウドウ
  • 電子あり
「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人は悲しいから泣くのか? 泣くから悲しいのか?
世界的トップランナーが解き明かす「こころ」の正体!

私たちは、自分の行動は自分が考えて決めていると思っている。
己を動かすものは、己の「理性」のみであると信じている。
だが、残念ながらそれは錯覚にすぎない。
行動は理性よりもはるかに、「喜び」「怒り」「悲しみ」「恐怖」などの
「情動」に強く支配されているのだ。
情動とは、生き残る確率を高めるために脳にプログラミングされた、
下等動物からヒトにまで共通する必須の機能なのである。

ところがヒトは、情動よりもさらに複雑な行動決定のメカニズムを獲得した。
それが「こころ」である。
ヒトにはなぜ、このように不可思議で厄介なしくみが備わったのだろうか。
「こころ」はいかにして生まれ、私たちに何をしているのだろうか。
脳神経科学の第一人者が「こころ」の生成プロセスと作動原理を解き明かし、
私たちを支配しているものの「正体」に迫る!

第1章 脳の情報処理システム

第2章 「こころ」と情動

第3章 情動をあやつり、表現する脳

第4章 情動を見る・測る

第5章 海馬と扁桃体

第6章 おそるべき報酬系

第7章 「こころ」を動かす物質とホルモン

終 章 「こころ」とは何か

著者略歴
1964年東京生まれ。筑波大学大学院医学研究科修了。医師、医学博士。日本学術振興会特別研究員、筑波大学基礎医学系講師、テキサス大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、筑波大学大学院准教授、金沢大学医薬保健研究域教授を経て、現在、筑波大学医学医療系および国際統合睡眠医科学研究機構教授。1998年、覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。平成12年度つくば奨励賞、第14回安藤百福賞大賞、第65回中日文化賞、平成25年度文部科学大臣表彰科学技術賞、第2回塩野賞受賞。著書に『睡眠の科学・改訂新版』『食欲の科学』(いずれもブルーバックス)、『「眠り」をめぐるミステリー』(NHK出版新書)など。

目次

  • 第1章 脳の情報処理システム
  • 第2章 「こころ」と情動
  • 第3章 情動をあやつり、表現する脳
  • 第4章 情動を見る・測る
  • 第5章 海馬と扁桃体
  • 第6章 おそるべき報酬系
  • 第7章 「こころ」を動かす物質とホルモン
  • 終 章 「こころ」とは何か

製品情報

製品名 「こころ」はいかにして生まれるのか 最新脳科学で解き明かす「情動」
著者名 著:櫻井 武
発売日 2018年10月17日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-513522-8
通巻番号 2073
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:櫻井 武(サクライ タケシ)

1964年東京生まれ。筑波大学大学院医学研究科修了。医師、医学博士。日本学術振興会特別研究員、筑波大学基礎医学系講師、テキサス大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、筑波大学大学院准教授、金沢大学医薬保健研究域教授を経て、筑波大学医学医療系および国際統合睡眠医科学研究機構教授。1998年、覚醒を制御する神経ペプチド「オレキシン」を発見。平成十二年度つくば奨励賞、第14回安藤百福賞大賞、第65回中日文化賞、平成二十五年度文部科学大臣表彰科学技術賞、第2回塩野賞受賞。

オンライン書店で見る