自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体

講談社現代新書
ジエイタイノヤミソシキヒミツジョウホウブタイベッパンノショウタイ
  • 電子あり
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

■帝国陸軍から自衛隊に引き継がれた、“負の遺伝子”とは?
■日本が保持する「戦力」の最大タブーとは?
■災害派遣に象徴される自衛隊の“陰”とは?

・・・・・・・・・・
本書は、身分を偽装した自衛官に海外でスパイ活動をさせている、
陸上自衛隊の非公然秘密情報部隊「別班」の実体に迫ったものである。

「別班」は、ロシア、中国、韓国、東欧などにダミーの民間会社をつくり、
民間人として送り込んだ「別班員」に、ヒューミントを展開させている。

日本国内でも、在日朝鮮人を抱き込み、北朝鮮に入国させて
情報を送らせる一方、在日本朝鮮人総聯合会にも協力者をつくり、
内部で工作活動をさせている。

たしかに、アメリカのDIA(国防情報局)のように、海外にも
ヒューミントを行う軍事組織は存在する。

しかし、いずれも文民統制(シビリアンコントロール)、あるいは政治の
コントロールが効いており、首相や防衛相がその存在さえ
知らされていない「別班」とは明確に異なる。

張作霖爆殺事件や柳条湖事件を独断で実行した旧関東軍の謀略を
持ち出すまでもなく、政治のコントロールを受けずに、
組織の指揮命令系統から外れた「別班」のような部隊の独走は、
国家の外交や安全保障を損なう恐れがあり、極めて危ういといえるのだ。

「別班」はいわば帝国陸軍の“負の遺伝子”を受け継いだ“現代の特務機関”であり、
災害派遣に象徴される自衛隊の“陽”の部分とは正反対の“陰”の部分といえる。

憲法9条をめぐる本格的な改憲論争を控えたいま、自衛隊について考えるための必読書!

・・・・・・・・・・
〈本書のおもな内容〉
第1章 別班の輪郭
中野学校の亡霊/別班と三島由紀夫の接点/別班と米軍の関係 ほか
第2章 別班の掟
海外の展開先/偽装工作の手法/別班員になるための試験問題 ほか
第3章 最高幹部経験者の告白
別班を指揮する正体/元韓国駐在武官の証言 ほか
第4章 自衛隊制服組の独走
事務次官と陸上幕僚長の反応/防衛大臣の対応/別班OBたちの言葉 ほか

目次

  • 別班の輪郭
  • 別班の掟
  • 最高幹部経験者の告白
  • 自衛隊制服組の独走

製品情報

製品名 自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
著者名 著:石井 暁
発売日 2018年10月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-513588-4
通巻番号 2496
判型 新書
ページ数 200ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:石井 暁(イシイ ギョウ)

石井 暁(いしい ぎょう)1961年8月15日生まれ。慶應義塾大文学部卒業。1985年共同通信社入社。現在、編集局編集委員。1994年から防衛庁(防衛省)を担当。安全保障問題を中心に、自衛隊のルワンダ難民救援活動、環太平洋合同演習(リムパック)、北朝鮮不審船事件、イージス艦情報流出事件、元防衛事務次官汚職事件、尖閣諸島領有権問題、北朝鮮ミサイル発射・核実験、南スーダンPKO日報問題などを取材。月刊誌『世界』(岩波書店)に「日中軍事衝突をどう回避するか」(2013年6月号)、「陸自『別班』危険な暴走」(2014年3月号)、「台頭する自衛隊制服組」(2015年5月号)などを寄稿。

オンライン書店で見る