ふたり 皇后美智子と石牟礼道子

講談社文庫
フタリコウゴウミチコトイシムレミチコ
  • 電子あり
ふたり 皇后美智子と石牟礼道子
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2013年、水俣を訪問した天皇皇后と、水俣病患者の歴史的な対話が実現。その背後には、皇后美智子と石牟礼道子、「ふたりのみちこ」の深い信頼関係があった。戦後70年、水俣は癒されたのか。天皇皇后とはいかなる存在なのか。深く問い直す傑作ノンフィクション。

製品情報

製品名 ふたり 皇后美智子と石牟礼道子
著者名 著:髙山 文彦
発売日 2018年11月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-513418-4
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年9月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:髙山 文彦(タカヤマ フミヒコ)

1958年宮崎県高千穂町出身。ノンフィクション作家。92年よりフリーライターとして活動を開始。99年刊『火花 北条民雄の生涯』により、第22回講談社ノンフィクション賞と第31回大宅壮一ノンフィクション賞を同時受賞。主な著書に『「少年A」14歳の肖像』(新潮文庫)、『鬼降る森』(幻戯書房)、『水平記 松本治一郎と部落解放運動の一〇〇年』(新潮文庫)、『エレクトラ 中上健次の生涯』(文春文庫)、『宿命の子 笹川一族の神話』(小学館)など多数。

オンライン書店で見る