犬の車いす物語

青い鳥文庫
イヌノクルマイスモノガタリ
  • 電子あり
犬の車いす物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ダックスフントのスイーピーは、病気のせいで歩けなくなって元気をなくし、ガリガリにやせてしまいました。ところが、飼い主の川西さんが手作りした車いすにのせてみたら、みるみる元気に! それから川西さんご夫妻は、犬の車いすを作る仕事を始めました。交通事故にあったマル、保護犬のシンディーなど、車いすを作ってもらった犬たちにはそれぞれのドラマがありました。犬たちの命、そして川西さんご夫妻の挑戦をえがいたノンフィクション。
<小学校初級から・すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 犬の車いす物語
著者名 文:沢田 俊子
発売日 2018年10月11日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-513472-6
判型 新書
ページ数 144ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

文:沢田 俊子(サワダ トシコ)

 京都府生まれ。ノンフィクションから童話まで小学校初級から中級向けの作品を中心に幅広く執筆している。『盲導犬不合格物語』(学研教育出版)で、第52回産経児童出版文化賞を受賞。(同書は、加筆・修正のうえ講談社青い鳥文庫にも収録)。ほかのおもな作品に『目の見えない子ねこ、どろっぷ』(講談社)、『命の重さはみな同じ』『助かった命と、助からなかった命』(いずれも学研教育出版)などがある。日本ペンクラブ会員。日本児童文芸家協会会員。

オンライン書店で見る