溝猫長屋 祠之怪

講談社文庫
ドブネコナガヤホコラノカイ
溝猫長屋 祠之怪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

猫まみれ長屋の奥にある祠に、毎朝お参りすることになった溝猫長屋の年長組、十二歳の忠次たち四人。そのお多恵の祠の力なのか、忠次たちは幽霊を感じることができるようになる。桶職人の倅、忠次は「見る」ことが、提灯屋の倅、新七は「嗅ぐ」ことが、油屋の倅、留吉は「聞く」ことができるようになった。将棋盤の職人の倅、銀太だけは何も変わらない。お多恵の祠は、はたして長屋の子供たちの守り神なのか、それとも!?  

©Sousuke Watari

製品情報

製品名 溝猫長屋 祠之怪
著者名 著:輪渡 颯介
発売日 2018年11月15日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-513351-4
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年11月に小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:輪渡 颯介(ワタリ ソウスケ)

1972年東京生まれ。明治大学卒。『掘割で笑う女〈浪人左門あやかし指南〉』で第38回メフィスト賞を受賞し、講談社ノベルスよりデビュー。怪談と本格ミステリを融合させた独特の世界に注目が集まっている。「浪人左門あやかし指南」シリーズに続き、「古道具屋 皆塵堂」シリーズがとぼけた読み味で人気を集める。「溝猫長屋 祠之怪」が最新シリーズ。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス