東京美女散歩

講談社文庫
トウキョウビジョサンポ
著・イラスト:安西 水丸
  • 電子あり
東京美女散歩
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寄り道が得意な安西さんだからこそ見える景色がある。
綿矢りさ
美女に目移り、歴史にふむふむ、たまにカレーで一息ついて。
水丸さんのとっておき東京案内。

日本橋を渡り、かつて焼け落ちた白木
屋に思いを馳せ、墨田川沿いで美女
にたばこの火を拝借。都心の花街・荒木
町で耳に届く粋な三味線の音。両国で元
小結の息子が作るカツカレーを堪能し、目
黒では、五百羅漢の言葉に首を垂れる。歴
史の横顔。ほろ苦い別れ。東京をこよな
く愛した著者がそぞろ歩く、艶なる街々。

・人妻美女の街、自由が丘
・都電の線路だった新宿・ゴールデン街沿いの小道
・首切り地蔵の南千住
・1965年の羽田空港
・カステラ工場の香り漂う中目黒
・外国船襲来への備え、砲台跡のお台場
・根津の菩提寺で墓参り
・広尾の魚屋の目刺しとアサリ

※本作は、2015年3月に小社より刊行された単行本から、東京二十三区内の回を選び、文庫化したものです。

製品情報

製品名 東京美女散歩
著者名 著・イラスト:安西 水丸
発売日 2018年12月14日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-513288-3
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「小説現代」2007年2月号~2014年4月号(隔月掲載)。本作は、2015年3月に小社より刊行された単行本から、東京二十三区内の回を選び、文庫化しました。

著者紹介

著・イラスト:安西 水丸(アンザイ ミズマル)

イラストレーター。1942年、東京都生まれ。日本大学芸術学部美術学科卒業。電通、平凡社などを経て独立、フリーのイラストレーターとなる。朝日広告賞、毎日広告賞など受賞多数。広告、装幀、漫画、小説、エッセイ、翻訳など多方面で活躍。著書に『アマリリス』『荒れた海辺』(小説)『魚心なくとも水心』『ちいさな城下町』(エッセイ)『真夏の航海』(トルーマン・カポーティ著/翻訳)『がたん ごとん がたん ごとん』(絵本)など。2014年3月逝去。

オンライン書店で見る