嶽神伝 血路

講談社文庫
ガクジンデンケツロ
  • 電子あり
嶽神伝 血路
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

武田晴信(後の武田信玄)は芦田氏の龍神岳城を武田の陣営としようと画策していた。甲斐から諏訪に出るには龍神岳城を通らなければならないのであった。山の者「七ツ家」と武田の最凶暗殺殺人集団「かまきり」との死闘をが始まった。

製品情報

製品名 嶽神伝 血路
著者名 著:長谷川 卓
発売日 2018年10月16日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-513214-2
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は『血路 南稜七ツ家秘録』(ハルキ文庫)を改題改訂したものです。

オンライン書店で見る