小説 昭和元禄落語心中

講談社文庫
ショウセツショウワゲンロクラクゴシンジュウ
著:東 芙美子 原作:雲田 はるこ その他:羽原 大介
  • 電子あり
  • 映像化
  • 受賞作
小説 昭和元禄落語心中
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昭和初期、落語の世界に入った八雲は、同期入門の落語の天才・助六と、固い友情で結ばれる。八雲は助六の芸に憧れ、嫉妬し、追いつこうともがき、芸者・みよ吉にも支えられ、成長していく。やがて、助六とみよ吉とが結ばれるが、ふたりは謎に満ちた事故死を遂げてしまう。八雲はその死を巡る秘密を抱いたまま、ふたりの遺児・小夏を引き取る。小夏は、成長し、やがて天衣無縫な八雲の弟子・与太郎とともに、両親の死の真相に迫る。

製品情報

製品名 小説 昭和元禄落語心中
著者名 著:東 芙美子 原作:雲田 はるこ その他:羽原 大介
発売日 2018年10月16日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-513212-8
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、ドラマ「昭和元禄落語心中」(原作・雲田はるこ 脚本・羽原大介)を原案として、著者が書き下ろした小説です。

著者紹介

著:東 芙美子(アズマフミコ)

東京都在住。テレビ番組制作プロダクション勤務を経て、フリーの放送作家に。ドキュメンタリー番組、情報系番組等を手がける。著作に『梨園の娘』『美男の血』「桜花傾国物語」シリーズなど。

オンライン書店で見る