習近平のデジタル文化大革命 24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇

講談社+α新書
シュウキンペイノデジタルブンカダイカクメイニジュウヨジカンヲカンシサレゼンジンセイヲシハイサレルチュウゴクジンノヒゲキ
  • 電子あり
習近平のデジタル文化大革命 24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 著者の書籍は中国のブラックリストの載った。もう中国を訪問することはできない。中国の空港で飛行機からイミグレーションに向かおうとした瞬間、顔認証システムを備えたカメラが筆者の顔を捉え、官憲によって別室に連れていかれ、スパイ容疑で逮捕される可能性があるからだ。
 ――これが、4億人の既得権者たる都市住民が、9億人の農民戸籍者たちから搾取しながら成長する現在の中国の体制を守るため、習近平が始めた「デジタル文化大革命」の恐ろしい実態だ。
 1966年の文化大革命――それが中国に何をもたらすか、正しく見通すことができた人はいなかった。「デジタル文化大革命」が始まった2018年の状況は、1966年によく似ている。隣国である中国で新たな運動が始まった。日本人はその動きを注視し、その行方を的確に見通す必要がある。

製品情報

製品名 習近平のデジタル文化大革命 24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇
著者名 著:川島 博之
発売日 2018年10月20日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-513260-9
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:川島 博之(カワシマ ヒロユキ)

かわしま・ひろゆき―1953年、東京都に生まれる。東京大学工学博士。東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。専門は、環境経済学、システム農学。2011年には、行政刷新会議ワーキンググループ(提言型政策仕分け)の評価者を務める。1977年、東京水産大学卒業。1983年、東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得のうえ退学。農林水産省農業環境技術研究所主任研究官、ロンドン大学客員研究員などを歴任。著書には、ベストセラーになった『戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊』(講談社+α新書)、『「食糧危機」をあおってはいけない』(文藝春秋)、『「作りすぎ」が日本の農業をダメにする』(日本経済新聞出版社)などがある。
  

オンライン書店で見る