筋肉は本当にすごい すべての動物に共通する驚きのメカニズム

ブルーバックス
キンニクハホントウニスゴイスベテノドウブツニキョウツウスルオドロキノメカニズム
  • 電子あり
筋肉は本当にすごい すべての動物に共通する驚きのメカニズム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

筋肉の活動は、心臓血管系や消化吸収系をはたらかせるために、また不適切な環境から逃れる身体運動のために、必要不可欠なものです。筋肉なしには一瞬たりとも生存を続けることができない、そのしくみを、研究史をまじえて解説します。

目次

  • 第1部 大自然がデザインした筋肉はいかにすごいか
  • リニアモーターとしての筋肉はいかにして発見されたか
  • 筋肉リニアモーターを駆動する、超微小エンジンの発見
  • 第2部 われわれの筋肉、その驚異
  • 骨格筋の驚異の高性能
  • 生涯はたらき続ける心筋
  • 生命を支える血管平滑筋と消化管平滑筋
  • 健康寿命のために、日常の身体運動
  • 第3部 さまざまな動物の筋肉の驚異
  • 天空を征服した鳥類の飛翔筋
  • 昆虫の筋肉の高速振動
  • 水棲動物の高速遊泳
  • 動物の器官のすごい機能
  • 二枚貝の貝柱のキャッチ機構
  • アクチン・ミオシン間の滑りによる生命現象の神秘

製品情報

製品名 筋肉は本当にすごい すべての動物に共通する驚きのメカニズム
著者名 著:杉 晴夫
発売日 2018年09月19日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-513164-0
通巻番号 2070
判型 新書
ページ数 288ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:杉 晴夫(スギ ハルオ)

帝京大学名誉教授。1933年生まれ。東京大学医学部助手を経て米国コロンビア大学、国立衛生研究所に勤務ののち、1973年より帝京大学医学部教授、2004年より同名誉教授。現在も筋収縮研究の研究者として活躍。著書に『筋肉はふしぎ』『生体電気信号とはなにか』『ストレスとはなんだろう』『現代医学に残された七つの謎』『栄養学を拓いた巨人たち』(以上、講談社ブルーバックス)、『天才たちの科学史』『人類はなぜ短期間で進化できたのか』(以上、平凡社新書)、『論文捏造はなぜ起きたのか? 』(光文社新書)など多数。

オンライン書店で見る