ただの美人にならなくていい。“最高の私”になればいい 読む河北メイク

タダノビジンニナラナクテイイサイコウノワタシニナレバイイヨムカワキタメイク
ただの美人にならなくていい。“最高の私”になればいい 読む河北メイク
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●数多の女性誌や広告で女優やモデルたちのヘアメイクを手掛け、女性たちから圧倒的な人気を誇るヘア&メイクアップアーティスト、河北裕介。そのメイクだけでなく、女性の美しさにまつわる考え方や言葉への支持が高く、初となる待望の「美の格言本」が実現。

●沢尻エリカ、桐谷美玲、川口春奈――「唯一無二の美しさ」を体現する3人の人気女優を、3都市で撮り下ろし。ビジュアルブックとしても楽しめる写真を豊富に収録!

●「自分らしい美しさ」「美しい人の共通点」「美のための日々の努力」など、河北氏と各女優のロングインタビュー&対談も掲載。

●「色気」「知性」「自然体」――。美しさの秘訣について、3つの章で展開。日々の生活に取り込める、大人の女性の「自分らしい美しさ」のための格言と考え方を紹介します。

●第1章:色気のある美人とは?――沢尻エリカ
「誰かっぽい顔じゃなく、“私”の芯を感じさせる顔が最高の色気を引き出す」
「“赤”をデイリーに使えると、格段に女が上がる」
「『大人なのに可愛い!』なんていうギャップより、大人っぽい女を目指す」etc.

●第2章:知性のある美人とは?――桐谷美玲
「毎日同じメイクして、どうするの?」
「好みではなく、その場に則したメイクを選択できる“嗅覚の鋭さ”が大人の女性には必要」
「丁寧に生きる。シンプルに生きる。そこから始まる」etc.

●第3章:自然体な美人とは?――川口春奈
「アイラインを取ったら誰かわからなくなる。そんな人にならないで」
「10年前に褒められたメイクを今すぐ変えよう。10年前の服、もう着ていないでしょ」
「コンプレックスを受け入れないかぎり、キレイにはなれない」etc.

●印象的なビジュアルに使ったメイクアイテムやプロセスも紹介。「河北メイク」に欠かせない、著者が愛してやまないアイテムのまとめも。

製品情報

製品名 ただの美人にならなくていい。“最高の私”になればいい 読む河北メイク
著者名 著:河北 裕介
発売日 2019年01月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-513638-6
判型 A5
ページ数 144ページ

著者紹介

著:河北 裕介(カワキタ ユウスケ)

1975年京都府生まれ。1994年よりヘアスタイリストとして活動開始。女優&モデル指名No.1、読者イベントはキャンセル待ち続出、数多の女性誌や広告を手掛ける――今、圧倒的な支持を集めるヘアメイクアップアーティスト・河北裕介。常にトレンドを牽引し、女性の色気や個性を生み出す普遍的なメイクを持ち味とする。これまで発売した著書売上は15万部を超え、そのヘアメイクの唯一無二のビジュアルや、簡単で時短なワザだけではなく、女性の生き方・美しさに関する考え方や哲学に、多くのファンを持つ。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス