カントの「悪」論

講談社学術文庫
カントノアクロン
  • 電子あり
カントの「悪」論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カント倫理学の中で「悪」はどのように扱われているのだろうか。
カント倫理学にはアディアフォラ(道徳的に善くも悪くもない領域)が開かれていない。その倫理学に一貫しているのは徹底した「誠実性の原理」である。人間における快や幸福追求の普遍性と、その中心に「自己愛」があることを認めながら、そうした「幸福の原理」を従わせ、理性が道徳的善さの条件として命ずる「誠実性」とは何か。
また、人間が悪へと向かう性癖と、根本悪、道徳的善さに至る前提としての「自由」とは?
絶対的に普遍的な倫理学を確立しようと努力を惜しまなかったカントが洞察した善と悪の深層構造を探る。

目次

  • 第一章 自然本性としての自己愛
  • 第二章 道徳法則と「誠実性の原理」
  • 第三章 自由による因果性
  • 第四章 悪への自由・悪からの自由

製品情報

製品名 カントの「悪」論
著者名 著:中島 義道
発売日 2018年09月12日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-513160-2
通巻番号 2524
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、『悪への自由――カント倫理学の深層文法』として、2011年に勁草書房より刊行されました。

著者紹介

著:中島 義道(ナカジマ ヨシミチ)

1946年生まれ。
東京大学法学部卒業。同大学院哲学専攻修士課程修了。ウィーン大学で哲学博士号取得。電気通信大学教授を経て、現在は「哲学塾カント」を主宰。専攻は時間論、自我論。
著書に『哲学の教科書』『「時間」を哲学する』『ウィーン愛憎』『「私」の秘密』『「純粋理性批判」を噛み砕く』『哲学塾授業』『差別感情の哲学』『不在の哲学』ほか多数。

オンライン書店で見る