妖界ナビ・ルナ7 白虎・玄武編

青い鳥文庫
ヨウカイナビルナ7ビャッコゲンブヘン
妖界ナビ・ルナ7 白虎・玄武編
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

四神を探して旅を続けるルナたち。一行がやってきた町では、子どもが数時間だけいなくなる「神隠し」のウワサが広がっていた。被害者のひとりとされる少年・ナツメは、神隠しにあってからガラリと性格が変わってしまっていて……。事件の犯人はだれなのか、そして、三人目の四神の正体は?(白虎編)

最後の四神、玄武に会うため、海辺の町にたどり着いたルナ。なかなか玄武の手がかりをつかむことができないなか、なくしもののありかを言い当てるあやしげな店主に出会う。さらに、ルナをねらう闇の陰陽師もあらわれて……。最後の四神があらわれたとき、ルナに新たな試練がおとずれる!(玄武編)

<小学中級から すべての漢字にふりがなつき>

製品情報

製品名 妖界ナビ・ルナ7 白虎・玄武編
著者名 作:池田 美代子 絵:戸部 淑
発売日 2018年09月13日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-513221-0
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 この作品は、『妖界ナビ・ルナ(8)白銀に光る剣』(2006年6月初版 岩崎書店)『妖界ナビ・ルナ(9)なぞの黒い杖』(2006年9月初版 岩崎書店)を底本に、加筆・修正し、イラストをあらたにつけたものです。

著者紹介

作:池田 美代子(イケダ ミヨコ)

大阪府生まれ。おとめ座のA型。おもな作品に「新 妖界ナビ・ルナ」シリーズ、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズ、「海色のANGEL」シリーズ、「劇部ですから!」シリーズ(いずれも講談社青い鳥文庫)、『炎たる沼』(講談社)、『自鳴琴』(光文社)などがある。モモとナツという名の猫二匹と、ぐうという名のトイプードルと同居している。

絵:戸部 淑(トベ スナホ)

福岡県生まれ。ゲーム会社勤務を経てイラストレーターへ転向し、現在はゲーム・文庫などで活躍中。主な作品に『コンチェルトゲート フォルテ』(PCオンラインゲーム)、『Riviera~約束の地リヴィエラ』(GBA・PSPゲーム)、『デュアン・サーク2』(電撃文庫)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス