紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相

講談社+α文庫
キシュウノドンファンサツガイシンハンニンノショウタイゴーストライターガミタゼンシンソウ
  • 電子あり
紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

緊急出版!紀州のドン・ファンはなぜ殺されたのか。「疑惑の新妻」独占ロングインタビューを収録。事件のすべてを解明する。『紀州のドン・ファン』シリーズのライターでもある吉田隆氏が、死の直前にドン・ファンと交わした会話や死後に警察が家宅捜索にやってきた場面など、これまで明かされていない事実をすべて書く。


あのドン・ファンを殺したのは誰だ?

ドン・ファンは死の当日、著者(吉田隆氏)に電話をかけた。
「いますぐ和歌山に来てほしい。話したいことがある」
ドン・ファンは自分が殺される危険を感じていたのか?

「新妻が殺したんでしょ」「いや、あの家政婦が怪しい」
紀州のドン・ファンこと野崎幸助氏の死後、日本中が1億総名探偵と化した。
稀代の「好色資産家」が、55歳年下女性と結婚して3ヵ月で迎えた死。
ドン・ファンのゴーストライターで事件後も新妻と家政婦と一つ屋根の下で暮らした
吉田隆氏が、これまで封印していた取材記録を初公開する。
そこから浮かび上がる真犯人の正体は?

《目次》
第一章 社長が死んだ
第二章 ドン・ファンという男
第三章 覚醒剤とアダルトビデオ
第四章 新妻との出会いと結婚
第五章 悲劇の序章
第六章 警察、マスコミ、弁護士 それぞれの思惑
第七章 「赤い遺書」と消えた2億円
第八章 残された女たち
終章   殺したのは誰だ

製品情報

製品名 紀州のドン・ファン殺害 「真犯人」の正体 ゴーストライターが見た全真相
著者名 著:吉田 隆
発売日 2018年10月20日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-512917-3
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社+α文庫

著者紹介

著:吉田 隆(ヨシダ タカシ)

1984年に講談社FRIDAYの創刊準備メンバーとして専属記者契約を結ぶ。87年の大韓航空機爆破事件では、犯人の金賢姫たちが隠れていたブダペストのアジトを特定、世界的に話題となる。FRIDAY初代張り込み班のチーフとして、みのもんた、福島敦子、落合博満などの不倫現場をスクープ。「市川染五郎(現・松本幸四郎)の隠し子」や「中村鴈治郎(現・坂田藤十郎)が51歳年下舞妓に開チン」などをすっぱ抜いた。その他にも「小渕恵三首相のドコモ株疑惑」「石原慎太郎都知事の隠し子」などジャンルを問わずスクープ記者として活躍。最近では2018年7月、日本ボクシング連盟の山根明会長と元暴力団組長の親密交際を報じて山根会長を辞任に追い込んだ。

オンライン書店で見る