落梅の賦

文芸(単行本)
ラクバイノフ
  • 電子あり
落梅の賦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「俺は、武田を食うぞ」戦国最強を誇った甲斐武田家の落日。家を滅ぼす二人の裏切り者が出る。一人は、武田信玄の腹違いの弟、武田六郎信友。そして、一族衆筆頭、穴山梅雪。「武田の海」を任された二人は、なぜ悲劇の引き金を引いたのか――。歴史小説界で、いま最も注目される「ヒストリーテラー」武川佑の第二作長編。


「俺は、武田を食うぞ」

戦国最強を誇った甲斐武田家の落日。
家を滅ぼす二人の裏切り者が出る。
一人は、武田信玄の腹違いの弟、武田六郎信友。
そして、一族衆筆頭、穴山梅雪。
「武田の海」を任された二人は、なぜ悲劇の引き金を引いたのか――。
歴史小説界で、いま最も注目される「ヒストリーテラー」武川佑の第二作長編。

製品情報

製品名 落梅の賦
著者名 著:武川 佑
発売日 2019年04月25日
価格 定価 : 本体1,650円(税別)
ISBN 978-4-06-513430-6
判型 四六変型
ページ数 298ページ

著者紹介

著:武川 佑(タケカワ ユウ)

武川佑(たけかわ・ゆう)
1981年神奈川県生まれ。立教大学文学研究科博士課程前期課程(ドイツ文学専攻)卒。書店員、専門紙記者を経て、2016年、「鬼惑い」で第1回「決戦!小説大賞」奨励賞を受賞。甲斐武田氏を描いた書き下ろし長編『虎の牙』でデビュー。同作は第7回歴史時代作家クラブ新人賞を受賞。アンソロジー『決戦!設楽原』にも参加している。本書は二作目の単行本となる。

オンライン書店で見る