叙述トリック短編集

文芸(単行本)
ジョジュツトリックタンペンシュウ
著:似鳥 鶏 イラスト:石黒 正数
  • 電子あり
叙述トリック短編集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

*注意! この短編集はすべての短編に叙述トリックが含まれています。騙されないよう、気をつけてお読みください。

本格ミステリ界の旗手が仕掛ける前代未聞の読者への挑戦状!

よく「叙述トリックはアンフェアだ」と言われてしまいます。これが叙述トリックというものの泣きどころです。
では、アンフェアにならずに叙述トリックを書く方法はないのでしょうか?
答えはノーです。最初に「この短編集はすべての話に叙述トリックが入っています」と断る。そうすれば皆、注意して読みますし、後出しではなくなります。
問題は「それで本当に読者を騙せるのか?」という点です。最初に「叙述トリックが入っています」と断ってしまったら、それ自体がすでに大胆なネタバレであり、読者は簡単に真相を見抜いてしまうのではないでしょうか?
そこに挑戦したのが本書です。果たして、この挑戦は無謀なのでしょうか? そうでもないのでしょうか?その答えは、皆様が本書の事件を解き明かせるかどうか、で決まります。(「読者への挑戦状」より一部抜粋)

製品情報

製品名 叙述トリック短編集
著者名 著:似鳥 鶏 イラスト:石黒 正数
発売日 2018年09月20日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-513139-8
判型 四六
ページ数 304ページ
初出 「読者への挑戦状」…書き下ろし、「ちゃんと流す神様」…「メフィスト」2018VOL.1、「背中合わせの恋人」…書き下ろし、「閉じられた三人と二人」…「メフィスト2018VOL.2を加筆・修正、「なんとなく買った本の結末」「貧乏荘の怪事件」「ニッポンを背負うこけし」「あとがき」…書き下ろし。

著者紹介

著:似鳥 鶏(ニタドリ ケイ)

【似鳥鶏(にたどり・けい)】
1981年千葉県生まれ。2006年『理由あって冬に出る』で第十六回鮎川哲也賞に佳作入選しデビュー。魅力的なキャラクターやユーモラスな文体で、軽妙な青春小説を上梓する一方、精緻な本格ミステリや、重厚な物語など、幅広い作風を持つ。
講談社タイガより『シャーロック・ホームズの十字架』『シャーロック・ホームズの不均衡』、デビュー作の人気シリーズ「市立高校」シリーズ(創元推理文庫)、「戦力外捜査官」シリーズ(河出書房新社)、「楓ヶ丘動物園」シリーズ(文春文庫)など、複数の人気シリーズを執筆している。

オンライン書店で見る