底ぬけビンボー暮らし

講談社文芸文庫
ソコヌケビンボーグラシ
  • 電子あり
底ぬけビンボー暮らし
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「売れないものかき」の松下センセは書くのも遅い。過去の著作はどんどん品切れ重版未定の絶版扱いになり、病を押して散発的な注文原稿をこなしても生活は綱渡りだ。そんな作家が一番大事にしているのは夕方の妻との散歩。身の回りの自然、季節の移ろいを全身で体感し、河口に集まるカモメたちに餌をやる日々。子供たちや仲の良い友人たちと時間も楽しみの一つ。安上がりだけど満ち足りた幸福がここにある。

製品情報

製品名 底ぬけビンボー暮らし
著者名 著:松下 竜一
発売日 2018年09月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-512928-9
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、『松下竜一 その仕事 底ぬけビンボー暮らし 第一期第10巻』(1999年8月、河出書房新社刊)を底本として使用しました。

著者紹介

著:松下 竜一(マツシタ リュウイチ)

1937年2月15日~2004年6月17日。作家、市民運動家。大分県生まれ。母親の急死により父親を手伝うため、大学進学を諦め、家業の豆腐屋を継ぐ。20代半ばより作歌を始め朝日歌壇にしばしば入選。69年、『豆腐屋の四季』を公刊、TVドラマ化されベストセラーになる。70年、豆腐屋廃業。上野英信を知り記録文学に目を開かれる。72年から「環境権」を掲げ豊前火力発電所建設反対運動に取り組み、敗訴するも31年にわたりミニコミ誌「草の根通信」を発行(380号で終刊)、全国の市民運動家に交流の場所を提供する。ノンフィクション『砦に拠る』、『ルイズ 父に貰いし名は』(講談社ノンフィクション賞受賞)、『怒りていう、逃亡には非ず』、エッセイ『いのちき してます』、児童文学『どろんこサブウ 谷津干潟を守る戦い』等の作品は、『松下竜一 その仕事』(全30巻)に収められた。

オンライン書店で見る