我が名は秀秋

講談社文庫
ワガナハヒデアキ
  • 電子あり
我が名は秀秋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

秀俊は13歳にして豊臣家を出て、備後国の小早川隆景の養子となる。隆景は秀吉の信頼厚く、毛利家内でも重きをなす人物だ。対面して秀俊は隆景の眼鏡に適い、秀俊も隆景に好感を持つ。翌々年、時代は大きく動きはじめる。交戦していた朝鮮との和平交渉が決裂し、再出兵が決まる。秀俊は日本軍の総大将に任じられるが、渡海の準備のさなかに義父・隆景の訃報がもたらされる。初めて感じた親子の情との決別。秀俊は秀秋と改名して出陣する。

製品情報

製品名 我が名は秀秋
著者名 著:矢野 隆
発売日 2018年08月10日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-512589-2
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2015年9月に、小社より単行本として刊行されました。文庫化にあたり、一部を加筆・修正しました。

オンライン書店で見る