泣き虫しょったんの奇跡

青い鳥文庫
ナキムシショッタンノキセキ
著:瀬川 晶司 イラスト:青木 幸子
  • 電子あり
  • 映像化
泣き虫しょったんの奇跡
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小5で初めて先生にほめられ、大好きな将棋に夢中になったしょったんは、中学選抜選手権で見事優勝し、プロ棋士養成機関である奨励会へ入会。しかし、年齢制限のため26歳でプロ棋士の夢を絶たれてしまう。絶望のドン底につき落とされたしょったんが、いかにはい上がり将棋を再開したか。将棋を愛する気持ちと仲間たちが将棋界に起こした"奇跡”とは・・・・・・。プロ棋士・瀬川五段の生いたちから歴史的決断まで、"秘話”満載!

製品情報

製品名 泣き虫しょったんの奇跡
著者名 著:瀬川 晶司 イラスト:青木 幸子
発売日 2018年08月09日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-512530-4
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 この作品は、『泣き虫しょったんの奇跡 完全版 サラリーマンから将棋のプロへ』(2010年2月初版 講談社文庫)を底本に、若干修正をして、イラストを新たにつけたものです。

著者紹介

著:瀬川 晶司(セガワ ショウジ)

著者/瀬川晶司
1970年、横浜市生まれ。小学5年生のときに将棋に夢中になり、6年生でプロを志す。中学3年生のとき、中学生選抜選手権大会で優勝、その年、プロ棋士養成機関の奨励会に入会する。22歳で三段に昇るが、その後、低迷して26歳のとき年齢制限の規定により奨励会退会。一度は将棋と縁を切ったが、神奈川大学法学部在学中に将棋を再開すると、平成11年のアマ名人戦優勝をはじめ、アマチュア強豪として大活躍する。やがて就職してサラリーマンとなるが、プロとの公式戦で7割以上という驚異的な勝率をあげると、平成17年、日本将棋連盟にプロ入りを希望する嘆願書を提出、周囲の協力もあって戦後初めてのプロ編入試験将棋を実現させる。平成17年11月6日、この試験将棋に合格して念願のプロ棋士となる。平成24年8月五段昇段。

イラスト:青木 幸子(アオキ サチコ)

漫画家。おもな作品に、『ぴりふわつーん』『茶柱倶楽部』(ともに芳文社)、『王狩』『ZOO KEEPER』(ともに講談社)などがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る