紫陽花舎随筆

講談社文芸文庫
アジサイノヤズイヒツ
  • 電子あり
紫陽花舎随筆
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

紫陽花を愛し、鎌倉雪ノ下に永く暮らした近代日本を代表する日本画家、鏑木清方は、名随筆家でもあった。
挿絵画家の父の影響で若いころから文藝に親しみ、泉鏡花とも親交があり、多くの随筆集を残した。
失われた市井の人々の暮らしへの尽きることのない愛惜、清方の晩年の折々の記、その源泉を辿る。

製品情報

製品名 紫陽花舎随筆
著者名 著:鏑木 清方
発売日 2018年07月12日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-512307-2
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は、六興出版刊『紫陽花舎随筆』(1978年1月)を底本とし、清方の文章のみを収録いたしました。

著者紹介

著:鏑木 清方(カブラキ キヨカタ)

鏑木清方(1878.8.31~1972.3.2)日本画家、随筆家。東京神田生まれ。父、條野採菊は『東京日日新聞』(現・毎日新聞)の創立者の一人。91年、永野年方の許に入門。挿絵画家を目指す。1901年泉鏡花と知り合う。25年「朝涼」(第六回帝展)、27年「築地明石町」(第八回帝展、帝国美術院受賞)出品。37年、帝国芸術院が設置され、芸術院会員となる。54年、文化勲章受章。70年、照夫人逝去。72年、鎌倉雪ノ下の自宅にて逝去。
98年、清方の旧宅跡に鎌倉市鏑木清方記念美術館開館。

オンライン書店で見る