蹴爪

文芸(単行本)
ボラン
  • 電子あり
蹴爪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

異国の少年の物語だけど、これは、“ぼくたち”の姿だ――。デビュー作「甘露」がいきなり芥川賞候補になった新鋭が、想像力を飛翔させた待望の初小説集!

闘鶏場で胴元を務める父親が、悪魔から村を守る祠をつくる責任者となった日から、ベニグノの周囲は少しずつ変わり始めた。幼なじみのグレッツェンの大切な鶏が殺され、島で殺人事件が起こり、地震で祠が倒壊し――。東南アジアの島の少年を襲う熱くて不穏な暴力を描いた傑作。(「蹴爪(ボラン)」)

13歳で出会ったぼくたちは26年間、いつも地元のサッカーチームを応援するためにスタジアムに通ってきた。苦難を抱えた3人と一緒にいるため、ぼくは嘘をつき続けている――。甘酸っぱくてやるせなくて、でも忘れたくない、ヨーロッパの島で巻き起こる青春小説。(「クイーンズ・ロード・フィールド」)

目次

  • 蹴爪
  • クイーンズ・ロード・フィールド

製品情報

製品名 蹴爪
著者名 著:水原 涼
発売日 2018年07月26日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-512306-5
判型 四六
ページ数 210ページ
初出 「蹴爪」…「群像」2017年2月号、「クイーンズ・ロード・フィールド」…「群像」2017年8月号。

著者紹介

著:水原 涼(ミズハラ リョウ)

水原涼(みずはら・りょう)
1989年、兵庫県生まれ、鳥取県出身。北海道大学文学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。2011年に「甘露」で第112回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作が第145回芥川龍之介賞候補作になる。

オンライン書店で見る