神の島のうた

カミノシマノウタ
  • 電子あり
神の島のうた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

沖永良部島で代々唄い継がれている島唄。段々と唄い継ぐ人がいなくなり、いまや消滅の危機に瀕している。同時発売の中脇初枝著の小説『神に守られた島』でも多くとりあげられているその唄の中から、特別に後世に残したい唄を、中脇初枝自身がチョイス。それに気鋭写真家・葛西亜理沙が沖永良部で撮り下ろした写真を載せる。”島”の原風景が見える、唯一無二の一冊。

製品情報

製品名 神の島のうた
著者名 著:中脇 初枝 写真:葛西 亜理沙
発売日 2018年07月12日
価格 定価 : 本体1,850円(税別)
ISBN 978-4-06-512206-8
判型 B5変型
ページ数 32ページ

著者紹介

著:中脇 初枝(ナカワキ ハツエ)

1974年徳島県生まれ、高知県育ち。高校在学中に『魚のように』で第2回坊っちゃん文学賞を受賞し、17歳でデビュー。2012年『きみはいい子』で第28回坪田譲治文学賞を受賞、第1回静岡書店大賞第1位、第10回本屋大賞第四位。2014年『わたしをみつけて』で第27回山本周五郎賞候補。2016年『世界の果てのこどもたち』が第13回本屋大賞第三位にランクインする。他の著書に『こりゃ まてまて』『みなそこ』など多数。

写真:葛西 亜理沙(カサイ アリサ)

横浜生まれ。青山学院女子短期大学英文科、San Francisco State University 芸術学部写真学科卒業。写真家・坂田栄一郎氏に師事。2010年より独立し、広告、雑誌、カタログ、パッケージなど幅広く活躍。第63回朝日広告賞入賞、第16回上野彦馬賞「九州産業大学賞」受賞。

オンライン書店で見る