対岸の家事

文芸(単行本)
タイガンノカジ
  • 電子あり
対岸の家事
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『わたし、定時で帰ります。』の著者が描く、もう一つの長時間労働。

家族のために「家事をすること」を仕事に選んだ、専業主婦の詩穂。娘とたった二人だけの、途方もなく繰り返される毎日。幸せなはずなのに、自分の選択が正しかったのか迷う彼女のまわりには、性別や立場が違っても、同じく現実に苦しむ人たちがいた。二児を抱え、自分に熱があっても休めない多忙なワーキングマザー。医者の夫との間に子どもができず、姑や患者にプレッシャーをかけられる主婦。外資系企業で働く妻の代わりに、二年間の育休をとり、1歳の娘を育てるエリート公務員。誰にも頼れず、いつしか限界を迎える彼らに、詩穂は優しく寄り添い、自分にできることを考え始める――。

手を抜いたっていい。休んだっていい。でも、誰もが考えなければいけないこと。
終わりのない「仕事」と戦う人たちをめぐる、優しさと元気にあふれた傑作長編!

目次

  • プロローグ
  • 第一話 専業主婦が絶滅危惧種になった日
  • 第二話 苦手なパパ友
  • 第三話 時流に乗ってどこまでも
  • 第四話 囚われのお姫様
  • 第五話 明るい家族計画
  • 第六話 家のことは私に任せて
  • 第七話 大きな風
  • エピローグ

製品情報

製品名 対岸の家事
著者名 著:朱野 帰子
発売日 2018年08月30日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-512200-6
判型 四六変型
ページ数 317ページ

著者紹介

著:朱野 帰子(アケノ カエルコ)

1979年生まれ。2009年『マタタビ潔子の猫魂』(MF文庫ダ・ヴィンチ)で第4回ダ・ヴィンチ文学賞を受賞しデビュー。既刊に、『わたし、定時で帰ります。』(新潮社)、『賢者の石、売ります』(文藝春秋)、『海に降る』(幻冬舍文庫)、『超聴覚者 七川小春 真実への潜入』『駅物語』(講談社文庫)などがある。

オンライン書店で見る