ハゲタカ4・5 スパイラル

講談社文庫
ハゲタカ4.5スパイラル
  • 電子あり
  • 映像化
  • イベント
ハゲタカ4・5 スパイラル
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東大阪の中小メーカーマジテック創業者にして天才発明家の藤村登喜男が急逝する。彼こそ、芝野健夫に事業再生家として歩むきっかけを与えた恩人だった。芝野はマジテックを救うべく、曙電機から転じて奮闘する。ものづくりニッポンを下支えする町工場に降りかかる難題と、自己の利益を優先する金融機関に翻弄され、苦境の渦に飲み込まれていく。捨て身の最終戦を前にして、鷲津をも巻き込んで、芝野は決死の反撃を決断する。

製品情報

製品名 ハゲタカ4・5 スパイラル
著者名 著:真山 仁
発売日 2018年09月14日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-512971-5
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2015年7月にダイヤモンド社より刊行されました。

著者紹介

著:真山 仁(マヤマ ジン)

1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

公式ホームページ 
http://www.mayamajin.jp

オンライン書店で見る