未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること

講談社現代新書
ミライノチュウゴクネンピョウチョウコウレイタイコクデコレカラオコルコト
  • 電子あり
未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ベストセラー「未来の年表」の手法=「人口」の観点から未来を予測するという手法を、人口超大国の中国にあてはめてみました。ここまで「人口」データを駆使して中国の未来を読み取った本は初めてです。「人口」は嘘をつきません。人口の増減はたとえ中国であってもかなり正確に予測できます。あれだけの人口を抱え、長年にわたって「一人っ子政策」をとってきた影響で、中国の高齢化社会はかなり厳しいものになると予測されます。

目次

  • 2018年 中国でも「人口減少時代」始まる
  • 2019年 首都・北京の人口もごっそり減る
  • 2020年 適齢期男性3000万人が結婚難民に
  • 2021年 共産党100周年で貧困ゼロを実現できるか
  • 2022年 大卒が900万人超え 大失業時代到来
  • 2023年 世界一の経済大国 中間層4億人が爆消費
  • 2024年 年間1200万人離婚時代がやってくる
  • 2025年 「中国製造2025」は労働力減少を補えるか
  • 2035年 総人口が減少し、インドの脅威にさらされる
  • 2049年 建国100周年を祝うのは5億人の老人

製品情報

製品名 未来の中国年表 超高齢大国でこれから起こること
著者名 著:近藤 大介
発売日 2018年06月21日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-512048-4
通巻番号 2480
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:近藤 大介(コンドウ ダイスケ)

1965年生まれ。埼玉県出身。東京大学卒業。国際情報学修士。講談社入社後、中国、朝鮮半島を中心とする東アジア取材をライフワークとする。講談社(北京)文化有限公司副社長を経て、現在、『週刊現代』編集次長。Webメディア『現代ビジネス』コラムニスト。『現代ビジネス』に連載中の「北京のランダム・ウォーカー」は、日本で最も読まれる中国関連ニュースとして知られる。2008年より明治大学講師(東アジア論)も兼任。『活中論 巨大化&混迷化の中国と日本のチャンス』『パックス・チャイナ 中華帝国の野望』『対中戦略 無益な戦争を回避するために』(以上、講談社)ほか著書多数。共著に『大国の暴走 「米・中・露』三帝国はなぜ世界を脅かすのか』(講談社)。

オンライン書店で見る