この時代に投資家になるということ

星海社新書
コノジダイニトウシカニナルトイウコト
この時代に投資家になるということ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ミレニアル世代のための新しい「投資」論。
正田圭と申します。15歳で起業し、現在32歳。M&A(合併買収)事業を営む、TIGALA株式会社の代表を務めています。これまでに自分で起業した会社の経営、自社の売却、他社の買収を何度も経験してきました。今、僕の生まれた1986年あたりを境とする世代、「ミレニアル世代」に富裕層が増えつつあり、彼らは新しい「投資」の思考を用いて資産を形成しています。本書では僕の17年におよぶ起業家としての経験、そこで形成された持論をもとに、「投資」の定義と必要性、「投資」でなければ稼げない社会に変化した原因、ド貧乏もお金持ちも経験した僕だから言えるこれからの時代を投資家として生きていくために何をしていけばよいかについて縦横無尽に述べていきます。
*以下、本書内容からの抜粋
・自分で人生を選べるのであれば、「お金に支配される生き方」より、「お金に支配されない生き方」を選びたい。
・資金がたとえ少なくても、投資というものをスタートすることができる。
・アインシュタインの名言「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う」。
・投資とは「コミュニティに参加すること」。
・労働は「麻薬」である。
・投資のコツは、視点が8割。
・労働の価値は希薄化しても、努力の価値は希薄化しない。
・ブロックチェーンが登場しても経済の原理原則は変わらない。
・本格的な「人類皆投資家時代」が到来する前に、投資家視点を身につけるべき。
・世の中の値段のつけ方は意外と間違っている可能性が高いという認識を持つこと。これが投資家のスタートライン。
・「情報は発信する人のところに一番集まる」。
・財布の中身の小銭1円単位まで、自分がいくら持っているかを数える。
・起業は投資であり、自己実現手段。
・お金持ちになるということは「虹」を見つけるようなこと。
・この変化していく時代の中で必要なものは、視点の切り替えだけ。

製品情報

製品名 この時代に投資家になるということ
著者名 著:正田 圭
発売日 2018年06月27日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-511998-3
通巻番号 134
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:正田 圭(マサダ ケイ)

投資家、TIGALA株式会社代表取締役
1986年奈良県生まれ。15歳で起業。インターネット事業を売却後、M&Aサービスを展開。事業再生の計画策定や企業価値評価業務に従事。2011年にTIGALA株式会社を設立し代表取締役に就任。テクノロジーを用いてストラクチャードファイナンスや企業グループ内再編等の投資銀行サービスを提供することを目的とする。2017年12月より、スタートアップメディア「pedia」を運営。著書に『サクッと起業してサクッと売却する』『ファイナンスこそが最強の意思決定術である』『ビジネスの世界で戦うのならファイナンスから始めなさい。』『15歳で起業したぼくが社長になって学んだこと』(いずれもCCCメディアハウス刊)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス